わたしたちは、1秒ごとに捨てて、そして生まれ変わる。

1週間、羽根を伸ばして感じたこと  

f:id:authenticlife:20161107193404j:image 

マギー@SimpleMGYです。

 

身体と心をリラックスさせるため、スリランカへアーユルベーダを受けに行っていました。とにかく素晴らしいの一言に尽きる最高の時間で、全身が生まれ変わったようです

 

この先の人生で何度でも訪れたい場所が見つかった喜びとともに、辛くなっても此処に戻って来ればまた頑張れる…そんなお守りを持ち帰った気分です。

 

スリランカ旅行記は、数回に分けて今後オーガニックな食事、持ち物、費用などもじっくりと書きますので、今日はこの1週間で感じたことを。

人は1秒ごとに捨てて、生まれ変わる

f:id:authenticlife:20161107195927j:plain

一人の時間にいろんな本を読み、考え、悩み、瞑想もしました。

 

スリランカ人のお坊さんが書いた「執着の捨て方」という本を読んだとき、「人は1秒ごとに捨てている」というフレーズを目にしたとき、ハッとしました。

 

仏教では、そこにあるペンは、さっきまでのペンとは違うそうです。

 

1分1秒ごとに全てのものは少しづつ変化しているという考え方。

 

確かに、花は突然朽ちるのではなく、少しづつ枯れていく。食べ物も生き物もそう。赤ちゃんが新しい言葉を覚えるように、日々人間も変化し、私たちの身体は成長とともに老いていく。

 

ほんとうに当たり前のことだけれども、わかっているつもりだけれども、森の中で自然に囲まれて暮らしていると、当たり前のことに気づかされます。

 

仕事も、今日やるべきこともない。wifiもLINEの未読もタイムラインもニュースもない。寝たい時に寝て、泳ぎたい時に泳ぐ。嫌なことがなに一つない環境で何にも捉われない時間。

 

そんな時間さえもずっと続くわけではなく、いつか終わりが来る。私たちはいやがおうにも、毎日変化しているだなぁって実感しました。

私たちは手放しているのだから、何も恐れることはない

f:id:authenticlife:20161107192405j:plain

(敷地内はとても広く、野性的で自由な方向に枝を伸ばす木が沢山繁っている)

 

1秒ごとに変化するからこそ、成長をよろこんだり、暖かい食事を暖かいうちに食べたり、この瞬間に出会い、その場に一緒にいることが運命的だなって思える。

 

1分後の老いについて深刻に悩む人はいない。黙っていても老いていくのだから。それならば楽しいことを考えたり、美味しいものを食べたりしたほうがずっと良いってことをみんなわかっている。

 

でも、1年後、5年後のことになると途端に不安になったりする。悩んでも答えが出ないから、未来の自分へ決断や選択を先送りしてしまったり、周りをみて、無難な道を選んでしまったりもする。

 

でも、大事なのは今なんだ。
 

それをすごく意識しました。

 

「意識」というと自発的で前向きなように聞こえますが、実際は突きつけられるって感じです。でも同時に、手放すことは怖くないんだな、日々手放しているんだもんなって確かめる気持ちにもなりました。

生まれ直せないけど、生まれ変われる

冒頭で、「全身が生まれ変わったようです」と書いたけれど、私だけでなく、みんなの細胞も毎日生まれ変わっているし、こうしているうちに脳みそも、自分の行いによって進化したり退化したりしているんだ。

 

生まれ変わるのに遅いも早いも関係ない、あえて言うなら「早く気づいたもの勝ち」なんじゃないかなって気がします。

 

まずは初心にかえった気持ちで、今日から毎日ブログ更新がんばろうかな。

明日は「告知」もあるので、また見に来てくださいね。

Shanti

 
続きを読む

快適さの追求に夢中になると、時に本当に大事なことを見失う

旅の荷物は何のため?

f:id:authenticlife:20161028202409j:plain

今、バケーションに向かう途中のクアラルンプールのラウンジにいます。

 

ここ10年程、ほぼ毎年休暇は海外で過ごしていますが、今回初めてスーツケースなしの旅に挑戦しました。

 

昨年の1週間セブ留学では持ち物を機内持ち込みスーツケース1つに納めてましたが、

【私物公開】セブ島1週間留学の旅行持ち物と、旅する目的

 

今回はエルベシャプリエの普段使いのリュックにPCを入れるエコバッグ一つ。

 

バックパッカーのそれとは違う「リュック1つで海外」はシンプルノマド旅を目指す私のちょっとした憧れだったので、念願叶って嬉しいです。

 

と、同時に今まで大型スーツケースに何を詰め込んでいたんだろう?ちょっと振り返ってみました。

続きを読む

幸せは、余白に訪れる。

 ある日、道ばたで

f:id:authenticlife:20161026155343j:plain

ある日の朝。家を出て、駅に着いたとき、さっきまで首に巻いていたストールがないことに気がついた。

 

家を出た時はあったのに…どこかで落としちゃったかな。それとも、寝ぼけて初めから巻いてなかったのかしら。とはいえ出勤途中で引き返すわけにもいかず電車に飛び乗った。

 

続きを読む

オーガニックでカフェインレスな「コトハコーヒー」は美味しくて、オシャレママにもお勧め!

家でのカフェイン注意報

最近、自宅で家カフェする機会が多いのですが、朝活・夜活でカフェインの摂取量がじわじわ増えてきました…。

 

コーヒー、紅茶だけでなく烏龍茶や緑茶、煎茶にも入っているというカフェイン。メリットもあるけど、上手にコントロールしたいですよね。

 

そこで先日、コトハ:コーヒーさんのカフェインレスコーヒーを頼んでみました。

 

▼私が頼んだのは【お試し】カフェインレスドリップパック飲み比べセット。

 

続きを読む

家フェスから家カフェへ。空間と今あるものを活かして変化するお部屋。

なんにもない部屋に変化。 

こんにちは、マギー(@SimpleMGY)です。今年の夏は、寝室のベッドを手放して、なんにもない部屋でひとり家フェスを楽しんでましたが、

 

最近では「ひとり家カフェ」にハマっています。

 

なんにもない部屋(基本形)

f:id:authenticlife:20161013173439j:image

 

 家フェスバージョン

f:id:authenticlife:20160703120522j:plain

 

そして家カフェSTYLE

f:id:authenticlife:20161013173344j:image

 (横にあるのはストレッチポール) 

続きを読む

誰にでもある病みは「闇」じゃなく「光」になる。

SICKSというコント番組

Amazonプライムビデオで、『SICKS〜みんながみんな、何かの病気〜』という番組を観ました。

(Amazonプライム会員 なら視聴無料です)

お笑い芸人おぎやはぎとオードリーを中心に、世の中にいる「ちょっと病んだ人」を取り上げて演じるコント中心の番組です。

 

例えば、

・レビュアー病

上から目線で飲食店を評価するグルメブロガー。「この店は俺が育てる」系。

・ガチ恋病

妄想と現実の区別がつかず、好きな芸能人を自分の妄想に仕立て上げてしまうオタク。

・バズりたい病

Webニュースで注目を集めるために、過剰にあおった見出しをつけるギョーカイ人。

 

といった濃いキャラ達が繰り広げるコントは、深夜番組的ですがなかなか面白いです。

続きを読む

「さよなら、ひとり暮らし」一人暮らしと二人暮らしとこれからのコト。

さよなら、ひとり暮らし

f:id:authenticlife:20160917170520j:plain

 

独身ひとり暮らしが長くなると、誰かとの生活に憧れる。二人暮らしが長くなると、時々無性にひとりになりたくなる…。

 

ひとって本当にワガママなものです。

 

なんでこんな話をするのかというと、長かった夫の単身赴任が終わり、今日で私のひとり暮らしが終了するのです。感慨に耽りながら、一人と二人の暮らしについて振り返り考えてみました。

続きを読む

結婚の経済学とシンプルライフの共通点、大切なのは決断の勇気。

結婚の経済学

f:id:authenticlife:20160928234504j:plain

先日、たまたまNHKの「オイコノミア」という番組で「シングル続ける?続けない?結婚の経済学」という回を見ました。

 

お笑い芸人の又吉さん、ゲストの元サッカー選手、武田修宏さんという二人の独身男性や世間の独身者の声を元に、結婚しない理由や良い人が現れない問題について、経済行動学的に見ていくというもの。

 

続きを読む

シンプルにしなやかにタフに。私を作るパワーの源

あなたを作るパワーの源は?

 f:id:authenticlife:20160912230932j:image

 (@支笏湖キャンプ)

 

こんにちは、マギー(@SimpleMGY)です。 

 

今日は仕事で疲れたとき、人生に消耗したとき・・・お疲れモードな自分を励ます簡単なワークとして「 私を作るパワーの源」を書き出してみます。

 

誰にでもある、元気の出ないとき…「自分頑張れ」と心で唱えても一向にチカラが出ない。

 

そんなときこそ、「じゃぁ、私の元気の源って何だろう?」と考えてみることにします。

 では、GOゴー!

 

食:パワーフード、パワードリンクを持つ

「これ食べたら頑張れちゃう」、「あれを飲むと元気になれちゃう」

 

そんなパワーフード、パワードリンクってありませんか?私のパワードリンクはオロナミンC!

通称「オロC」、本当に大好きで、冷蔵庫に常にストックがあります。以前母に「サプリメントや健康食品ってその人ごとにカラダの相性があるから、きっと合ってるのね」と言われて、なるほどと思いました。確かに相性ってあるなと。

 

パワーフードは「玄米」と「カレー」。

マクロビオティックでは玄米は陰性と陽性の間、いわゆる中庸の食品。暴飲暴食で胃袋が疲れたときも、お家でふっくら炊いた玄米を食べるとなんとなく調子が良いのです。

www.lean-style.com

 以前チラッと書いたのですがカレーが好きです。

www.lean-style.com

最近は普通のカレーやスープカレーより、ビリヤニにハマっています。簡単に言うとインド風スパイス炊き込みごはん。東京行ったら最近はカレーよりビリヤニ食べてるなぁ。

 f:id:authenticlife:20160917180106j:image

南インドカレー&バル エリックサウス (Ericksouth) – 東京/インド料理 [食べログ]

 

音:不要なノイズはシャットアウト

例えば街中や電車の中。大きな声やお喋りが気になるときは、音楽を大きめに流したり、イヤフォンでノイズキャンセリングして、なるべくシャットアウトします。使っているのは以前記事にも書いたSONYのMDR-EX31。使うのに慣れると、やめられません。

 

 

 

言葉:ネガティブワードの自分Googleに注意

f:id:authenticlife:20160917180648j:plain

いつも考えていることなんですが、例えば「疲れた…」というツイートを見ると、アタマの中のGoogle機能が「疲れた」を検索して、「私の中のお疲れスポット」をググってしまう気がするんです。

 

「疲れた」→「そういえば足、疲れたな」とか。

「イヤだった」→「さっきのあの人の態度イヤだったかも」とか。

無意識に自分の中のマイナス部分を探し出してしまうことってないですか?

 

自分の中のネガティブなことはわざわざ検索したくないので、特にSNSなどではそういうフレーズは見ない、言わないよう気をつけています。言いたくなった時は「疲れたけど頑張った」とか語尾を変えると「頑張った検索」に変わるのでオススメ。

 

これだけで、元気の消耗度が結構違ってきます。

心:辛い事はすぐ忘れる

働いていると辛い事も多く、社内には休職している人が結構います。自分の職業がインターネットの掲示板に「メンタル強くないと、あの仕事は無理、耐えられない」と書かれていたのを見つけた時、やっぱりそうなのかなあーと思ったりして。

 

辛くない仕事なんて世の中にないけれど、心を壊してまで働く必要があるかと言われると疑問。

 

だから「とにかく忘れる」ようにします。実際、私は驚くほどいろんなことを忘れるタイプで「根に持てない」タイプ。この性格は、元気を保つ上でとても機能してくれます。

 

ちなみに嫌なことを思い出した時は、顔のパーツを全部真ん中に寄せる勢いで全力で「変顔」をします(くしゃおじさんみたいな、わかるかな?)。

 

マヌケで絶対見られたくないし、あんまりやると、顔にシワができそうなので、これをやって「ハイ、終了!」って感じです。(顔の体操気分で短時間にするのが秘訣)

場所:自分なりのパワースポットの定義

スピリチュアルなパワースポットではなく、自分だけのパワースポットってあると良いですよね。私にとってそれはどこだろう?と考えて浮かんだのは1つ。

 

「まだ行ったことのない何処か」。

 

未知のものに何よりワクワク、ドキドキする私にとって、居心地の良いリビングや行き慣れたカフェも好きだけど、まだ見ぬどこかに行くことを想像して、実際に足を運ぶのが何より幸せです。今度から、疲れた時は知らないところへ行くようにしようっと。

人:楽しいひととの時間を大切にする

f:id:authenticlife:20160901065739j:plain

ひとり時間も大好きですが、元気や刺激をくれるのはやっぱり人。こればっかりは感謝しかないです。

 

悩みを打ち明けずとも、楽しい時間を共有したら、気付けば心のモヤモヤが消えていることも多いです。

 

それは根本的な解決にはなっていないじゃないかと言われるかもしれません。でも、メンタルを平常モードに整えるだけで問題解決能力は上がるもの。

 

だからこそ人との時間は大切だなぁとつくづく感じます。自分も誰かにそういう時間を提供できたらいいですよね。

 

ブログ:自分と人とを繋ぐ場所

忙しくてブログが書けないときも「あ、これ書きたい」「次の休みはあの話を書こう!」という妄想は、日中どんどん溢れ出てきます。

 

考えを整理する場所であり、記録する場所。そして読んでくれる誰かと繋がる場所でもある。私はブログが好きなんだなって再確認しました。

 

ブログを読んでくれる人、反応してくれる人の存在は、少なからず私を元気付けてくれるし、ブログの先にいるそうした人との交流だったり、励ましだったりは本当にチカラになる。

 

私にとって欠かせない元気の源です。

 

アレ、なんだか、キレイにまとめすぎちゃったかな。皆さんもパワーの源、考えてみてくださいね。

 

【関連記事】

いつも自分を上機嫌にするという考え方。 – LEAN STYLE〜リーンスタイル〜

続きを読む
1 3 4 5 6 7 17