「モノ」から「コト」へ。変わりゆく心。

モノからコトへ

モノを捨てはじめた当初、「お気に入りだけに囲まれていたい」が私にとって大きなテーマでした。ガラクタを取り払い、愛おしいモノで満たされる理想の暮らし。

 

そうした空間が近づいてくると、「もしかして、更に上質なモノを求めて欲望はエスカレートするのかしらん?」と一種不安になったこともあるのですが、実際は意外とそうでもなく、

 

むしろ最近は、好きなモノ、欲しいモノ、手放したくないモノ・・・モノを愛する気持ちから、

 

好きなコト、やりたいコト、手放したくないコト・・・コトを愛する気持ちが高まったことに気づき、

 

今更ですが、「コト」の大切さを噛み締めています。 

続きを読む