読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LEAN STYLE in NYC 〜リーンスタイル in NY〜

ムダのないスタイル。そして一歩を踏み出す。

LEAN STYLE

LIFE,STYLE,FASHION,CULTURE,HOME...

ミニマリストな海外旅行10日間の持ち物公開!おすすめミニマル旅グッズの中身も。

海外旅行10日間の持ち物

先日スリランカに行った際の、旅の持ち物を公開します。

▶︎女磨きのスリランカ。バーベリンリーフの本格アーユルヴェーダで癒し&デトックス旅①

 

カバンはバックパック1つ+エコバッグという過去最高に少ない荷物。モノと服に分けて紹介します。

旅の持ち物カバンの中身・モノ編

f:id:authenticlife:20161114154342j:image

上段左から

①Macbook12インチ(Inateck 13.3Inch インナーケース に入れてます)

②メモ用のノートブック

サバイバル時代の健康術 (アーユルヴェーダ情報満載なので)

Kindle Paperwhite 

ノートブックには、現地で気づいたことなどを書き留めておきました。

中段〜

⑤PC用の充電器

⑥お財布(関連記事:スマホよりも小さいミニマリストのお財布)

⑦パスポートとケース

⑧コスメポーチ(日焼け止め・アイブロウなど最小限)

パスポートケースにはプライオリティパスを入れています。このカードでスリランカとマレーシアの空港ラウンジを利用しました。ラウンジではKindleにまとめて本をダウンロードしています。

 

電子書籍に数十冊の本を入れ、航空券は事前Webチェックイン後にアプリで搭乗のペーパーレス。ミニマルで便利な時代ですね。

f:id:authenticlife:20161114154431j:image

下段〜

⑨化粧品・歯ブラシ(無印)

⑩電源変換プラグ(無印)

この2つは海外旅行のマストアイテムで、以前にも紹介したものです。

無印良品のおすすめ旅行グッズ☆マイBEST5! 

⑪メガネ

⑫イヤフォン・スマホ・Kindleケーブル(ポーチにイン)

⑬キーケース

⑭お金・ジップロック

f:id:authenticlife:20161114161855j:plain

自宅にある海外通貨はジップロックに入れて管理しています。アジアにいく場合でも、ドル札があると空港や機内で使えるので便利です。

 

下段のこまごまとした荷物は無印のたためる仕分けケースに入れていきました。

authenticlife.hatenablog.com

旅の持ち物・カバンの中身。服編 

f:id:authenticlife:20161114154355j:image

左列上から

①ユニクロウルトラライトダウン

②水着

③ショートパンツ

④はおりもの ▶︎オトナ女子の「夏休み7日間・オフの妄想着回しコーデ」を公開

右列

⑤下着

⑥タンクトップワンピース

⑦柄パンツ

⑧Tシャツ2枚

⑨ビーチサンダルとユニクロブラトップ(写真に入れ忘れた)

 

④の羽織りものは「アーユルヴェーダトリートメント後に、軽く羽織るものがあると良い」とホテルからのメールに書かれていたので持参しました。

 

⑤の下着は、今回初めて買ってみた使い捨てショーツ!

先日の記事の通り、アーユルヴェーダは施術時にオイルまみれになるので使い捨て下着は必要と聞いて購入。結果、買って大正解でした。

 f:id:authenticlife:20161114191638j:image

かなりコンパクトな上、はき心地もゴワゴワしないし、洗濯の手間も省け、荷物の軽量化に大きく貢献してくれました。余った分は出産が近い妹へあげる予定、入院の時に重宝しそうです。

 

服は機内が寒いので、Tシャツやライトダウンを重ね着し、残りは手で圧縮するタイプの袋に入れて小さくしてカバンに詰めました。

 昨年のセブ留学の時も、比較的コンパクトでしたが、参考書がない分軽かったです。

authenticlife.hatenablog.com

機内持ち込み荷物のみの際の注意点

制限重量には気をつけよう

一般的な航空会社やLCCは、機内持ち込み荷物1つ+貴重品またはPCバッグ1つの計2点まで荷物を持ち込むことができます(別途、重量と大きさの制限あり)。

 

今回利用したエアアジアは重量7kgまで。不安な場合はスーツスケールがあると重さが簡単に測れてオススメですよ。 

f:id:authenticlife:20161114154708j:plain

(空のスーツケースでも2.44kgあります)

「ハンドクリーム」「オイル」などのお土産品は注意。

液体物の機内持ち込みは、通常100ml以下のものを透明のケースに入る分量までと制限されています。ハンドクリーム、リップクリーム、オイルなどのお土産を買いたい場合は手荷物では持ち帰れないので、預入れ荷物にするか、国際便で郵送するしかありません(関税がかかる可能性あり)。

 

旅の用途や行き先に合わせて、リュックかスーツケースか使い分けするのが良いですね。

 

▶︎NYで働き始めた私の全ワードローブはこちら

www.lean-style.com

 

▶︎ANA STOREに旅のコラムが掲載されました。


▶︎関連記事

authenticlife.hatenablog.com