LEAN STYLE in ニューヨーク

ミニマリストのNYライフ。自由な生き方、リーンスタイル

伝えるのがとても怖かったこと

伝えるのがとても怖かったこと

f:id:authenticlife:20190616142340j:plain

2017年に仕事をやめて、ニューヨークにきてから、

海外で感じた文化や価値観の違いなどをブログに書くことはありましたが、

プライベートなことを書く機会が以前に比べて減ってしまいました。

 

理由はいくつかありますが、

 

 

この数年間で、会社をやめ、北海道の片田舎から初めてのアメリカ生活、

仕事、言語、生活…状況が一変し、

自分の中でこれまで確立していたはずのものが少しづつ変化していき、

自分自身と葛藤するだけで精いっぱい、

それを文章にしたり、ましてや人様にさらけ出せる状態ではなかった

というのが近いと思います。

人生で想像もできなかった出来事

f:id:authenticlife:20190616145534j:plain

環境が変わった大きな転機は、

長年勤めていた会社が辛くなり、仕事を休職したことでした。

 

人生には想像もできないことが起きる…

 

頭ではわかっていても、

いざ身をもって体験すると

職場の人間関係やプレッシャー、

ネガティブな感情などから

目の前が真っ暗になり、いつも孤独を感じることが多く、

それが退職、そして地元を離れる要因の一つでした。

 

さらに大きな変化は、離婚をしたことです。

 

 

単身赴任でこれまでも離れて暮らしつつ夫婦円満に過ごしてきましたが、

環境の変化にともない、

私自身の人生観・方向性も変わっていき、

これまで築いてきた結婚生活の中では、

これから先、自分が自分らしくいられないと感じ、

別れることを決断しました。

 

自分から言い出したことなのですが、

彼への感謝の気持ち、複雑な事情、それに紐付く感情など、

まだ全てを総括するような心境ではありませんが、

このブログでは、これまで結婚生活の話題は度々出ていますし、

 お知らせした方が良いと感じ、

いま勇気を出して書いています。 

怖くても、伝えたい人たちへ

f:id:authenticlife:20190616154630j:plain

私は、小さいころから個人的なこと、

特に一般的にマイナスなイメージのことを、

人に話すのが苦手で、

実は、今回の件も親しい友人にすら、ほとんど話していません。

 

じゃぁ何故、ブログに書こうと思ったか。

 

それは、私自身がこれまで得た経験で、

誰かのためになることなら、

言葉にして伝えたいと思ったからです。

 

夢や希望をもって進んでいる人

海外に憧れつつ、私のように20代で結婚した人、

このままでいいのかなと人生に迷っている人

オシャレになって自信をつけたい人

部屋や生活から一歩ずつ暮らしを整えたい人

 

そうした人たちに向けて、

発信したいという気持ちでいます。

 

 

ブログを更新できない悶々とした日々にも、

「これはいつかブログに書きたい」

「自分が知らなくて苦労したから残しておきたい」

そうした想いは常にあり、

ブログのことを忘れたことはありませんでした。

 

ツイッターやお問い合わせ欄から、

更新を楽しみにしていると連絡をくれた方、

ブログで出会った人とのやり取り、

気にかけてくれる仲間、

ニューヨークまで来てくれた友人、

そして最近ブログを読みはじめてくださった方等々

 

自分が辛かったとき、困った時、

周りで誰かの言葉や存在に支えられたように、

わたしもそうでありたい。

 

そのためには、まずは自分が一歩前に進むために、

怖くても、現状を伝えておきたいと思いました。

 

これから、少しずつブログを再開していきますので、

どうぞよろしくお願いします。