LEAN STYLE in ニューヨーク

ミニマリスト主婦の単身NYライフ。自由な生き方、リーンスタイル

ミニマリストの持ち物ルール。モノを所有する基準は「時間が生まれるか」で決める

Sponsered Link

ミニマリストの持ち物ルール

f:id:authenticlife:20170906120428j:plain

 

新しく何かを買うとき、以前よりも、じっくり吟味するようになった。

 

本当に気に入っているか?

長く使えそうか?

 

そうした価値基準に加えて、近ごろ意識しているのは、

時間が生まれるかどうか

 

買うことで時間が生まれるモノなら買う

反対に、所有することで時間が奪われるものはどんどん手放す

 

シンプルで、なかなか自分に合っている。

 

時間が生まれるもの

f:id:authenticlife:20170906112839j:plain

時間が生まれる、というのは例えばこんなもの

 

✔︎疲労を回復するアイテム

サプリメントや入浴剤などの身体メンテナンス。

栄養価の高い食べ物、疲れた時に飲むコーヒーや少しのスイーツ。

▷海外通販アイハーブで最近買ったビューティー系アイテムを紹介

 

✔︎エネルギーの消耗を抑えるモノ

動きやすい服、肩が凝らないカバン、足の疲れない靴。

髪の毛の手入れ時間が短くなるケア用品やアイテム。

 

✔︎時短につながるモノ

食器洗い機、乾燥機、ルンバ、アイロンのいらない服。

旅先での使い捨てアイテム。

▷海外旅行10日間の持ち物

 

✔︎情報収集や作業で時間が生まれるモノ

使いやすい電子機器(PCタブレットなど)や文房具。

圏外でも使える優秀アプリ。よく使うwebサイトなら

有料会員登録。バッテリーが長持ちする製品など。

 

時間が奪われるもの

反対に、時間が奪われるものは、

 

テレビ、SNS、マンガ、スマホのゲーム、目的のない寄り道

なんとなくネットショッピング徘徊、付き合いの飲み会

組み立て・片付けに時間のかかる道具、掃除の大変な家電

特に思い入れのない趣味の道具etc

 

挙げればキリがないけれど…。

とりあえず、ほぼ断捨離済み。 

所有の基準、モノを時間に変えていけ

モノを持つのは、暮らしを良くするため。

 

暮らしを良くするためには、

楽しい時間も、学びの時間も、

家族との時間も、休息も、

たくさんの時間が必要だ。

 

だから、時間を生み出してくれるモノなら歓迎したい。

 

モノを所有する基準に、

コスパやお気に入りだけでなく、

「時間が生まれるか」を追加してみると、

 

モノを手放して豊かになるだけでなく、

モノが生活を豊かにすることの有り難さも

しみじみ感じることができる。