LEAN STYLE in ニューヨーク

ミニマリスト主婦の単身NYライフ。自由な生き方、リーンスタイル

あなたの「好き」を見つける方法。好きのヒントは不合理にあり

Sponsered Link

合理性とミニマリズム 

f:id:authenticlife:20170921122005j:plain

 

ミニマリストは一般的に合理的なことが好きだ。

というか、今の時代、多数決だって合理性の一種だし

(結果が合理的な答えかどうかは別だけれど)、

合理的なことがキライという人の方が少数かもしれない。

 

アメリカの合理性は進んでいる。

 

食器洗い機や乾燥機などの時短アイテムがかなり普及しているし、

人口は3億人以上いるため、大量生産ローコストの文化が根付いている。

 

国土が広く、人もモノもそう簡単に行き来ができないからか、

ペーパーレスを好み、メールなどのリモート文化も進んでいる

(アメリカの面積は日本の約25倍だ)

 

驚いたのは、アメリカで銀行口座を作るのに

ハンコがいらないどころか、申し込み用紙すらなかったこと。

全てがPCで完結し、サインも✔︎ボックスをマウスでワンクリックするだけ。

ペンすら持たずに口座が出来た。

ニューヨークで働くOLの財布の中身、クレジットカードの枚数など 

合理性への反発 

こういう話をすると、いやいや乾燥機は洋服が痛むし、

手仕事の美しさだってある、紙のぬくもりには敵わない…

 

合理性ではカバーできないモノが世の中にたくさん存在する

という声が必ず出てくる。

 

全くその通りだと思う。

 

人間の人間らしさや、奥深さは不合理なところにある。

まさに「予想どおりに不合理」

 

好きのヒントは不合理にあり 

この「合理的」という言葉への言い知れない反発は、

いつも起きるわけじゃない。

しかも人によって様々だ。

 

掃除機をかけるのが嫌いな人ならば、ルンバは合理的だし、

部屋の隅っこや段差の溝はキレイにならないから、

ルンバは不合理、むしろホウキとチリトリの方が省エネかつ合理的と

いう人もいるだろう。

 

結局、"アンチ合理センサー"がふつふつと発動するのは、

自分の好きな分野なのだと思う。

 

私の場合、たとえば、どんなに常備菜が流行っても作るのが少し面倒でも、

夕食は毎日違う味のモノを食べたい派だし、

「XXの服が安くてオススメ」と言われても、

自分のスタイルに合わないから買わない。

 

もちろん、常備菜が悪いわけでも、XXの服が悪いわけでもない。

単純に、自分の中に合理性の壁を越えられないコダワリがあるだけ。

たいていの人には、そういう些細なコダワリが一つくらいはある。

  

そこに、他人と違う自分の大切な情報もあるのだと思う

www.lean-style.com

好きを見つける方法

f:id:authenticlife:20170921124259j:plain

好きってすごく難しい。

 

「小さな頃から好きなことはなんですか?」とか、

「好きで夢中になれるものを見つけよう」とか

自己啓発本では、好きを深く掘り下げようと

お決まりの文句で言ってくる。

 

たしか心屋仁之助さんの本の中で、

もしも白米より玄米の方が好きだとして、

なぜ好きか答えられますか?

よりヘルシーだから?

味が滋味深いから?

 

では仮に、白米の方が栄養が多く健康に良いとしたら

それでも玄米を好きですか?

みたいなことが書かれてあって、

「なるほど、好きって難しい…」と思った記憶がある。

 

▽多分この本だったと思うけれど、違うかも。でも良い本でしたよ

でも、考えてみれば、異性を好きになるとき、

多くは理屈では語れない。

合理性だけで人を好きにはなれないからこそ、

遠距離恋愛したり、婚活パーティーで年収いくらと言われても

一向に付き合う気になれなかったりする(…と勝手に想像している)

 

好きなものの理由を理論的に説明できたら

ステキだけれど、そうしたものがまだ見つかっていなくても、

 

自分にとって合理化できない物事や、

合理性にちょっと物申したくなるものには、

好きのヒントが隠されている。

 

それを見つけて、大切に育て、

「好きなものは好き」と言えたなら、

不合理な人間の醍醐味を味わえるのかもしれない