LEAN STYLE in ニューヨーク

ミニマリスト主婦の単身NYライフ。自由な生き方、リーンスタイル

オシャレが好きなミニマリストのクローゼット収納術。洋服のスッキリ収納を徹底解説!

Sponsered Link

久々のクローゼット公開記事in2017

前回クローゼットの記事から、早いもので半年以上経ちました。

あれから更に服が減り、夫が単身赴任から戻って変化があったので記事にします。 

クローゼット全体像

▽現在

f:id:authenticlife:20161223133433j:image

▽前回

f:id:authenticlife:20170312123906j:plain

大きな違いは、ベッドを手放してマットレス+布団を収納したこと。

▶︎ベッドを手放した話:なんにもない部屋が出来ました。カラっぽの寝室で思うコト。

 

あわせて収納ボックスを上段に移動しました。

 

クローゼット解説!

細かな収納はこんな感じです。

f:id:authenticlife:20161223134805j:image

もともと余白を残した収納を心がけていたので、2人分の布団を納めても意外とコンパクトにまとまりました。丈の長いアウター類は夫のを含めて右隣に収納しています。

 

夏服が上の1箱に収まっているのは、昔の自分にとっては奇跡だなぁ。

 

アクセサリー、サングラス、香水などの服飾雑貨も上段に移し、入る分だけ持つと決めています(Tiffanyの空箱を利用)

 

ハンガーは統一、カテゴリごとに並べる

f:id:authenticlife:20161223133445j:image

ハンガーはノンスリップのベロアハンガーに統一。

 

50本で2500円だし、ローラも使ってるって言うし、気に入ってます。

 

底辺のところにパンツをかけられないので、わたしは三角ハンガーの方が好きです。

 

服は左から右に向かって、パーカー・ジャケット→トップス→ボトムスの順に並べています。

 

S字フックにかけてるバッグの中身はこちらの記事に書いてます

▶︎ミニマリスト女性の通勤カバンの中身。オシャレに持つミニバッグの秘訣とは? - LEAN STYLE in ニューヨーク

収納ボックス

f:id:authenticlife:20161223133457j:image

中身は前回と大きく変わらず、上段にインナー、中段にトップス、下段にボトムスを入れています。 

authenticlife.hatenablog.com

かける収納とたたむ収納

何をハンガーに掛けて、何を収納にしまうかは、自分なりの基準があって、

✔︎畳むとかさばるなら掛ける

✔︎シワになるなら掛ける

✔︎掛かってるのを見ると気持ち良いのは掛ける 

としています。

下段はシンプルだけど、素材バリエ豊富

下段はこんな感じです。全部クロって突っ込まれそうですが、

 f:id:authenticlife:20161223133557j:image

大切なのは、同じ黒でも、素材が全部違うボトムスを選んでいるということ。

 

*黒のフリースパンツ(Uniqro urban)

*黒レザーのショートパンツ(vintage)

*アウトドア用のトレッキングパンツ(THE NORTH FACE)

*ストレッチレギンス(ZARA)など、

 

用途も厚みも違うものだけを厳選しているので、全て表情が違う服なんです。

 

だからこそ、着回しコーデでもマンネリ感なく、好きで似合う服を着ることができます。

▶︎たった8枚で!シンプルな1週間の着回しコーデ【少ない服でオシャレワードローブ】 - LEAN STYLE in ニューヨーク

まとめ

現在、洋服はオールシーズンで60枚ちょっと(部屋着、骨格講座用を除くと)。外勤あり&ファッション好きなサラリーウーマン人生で、最高に少ないのです。

 

手持ち服を全部覚えてるのはモチロンですが、何故それが必要か、骨格診断に当てはめるとココが自分に合ってるとか、全部言えます(笑)

 

少ない服でお洒落を楽しめるクローゼットは、私にとってすごくハッピーな空間だなぁと、改めて感じました(^^)