LEAN STYLE in ニューヨーク

ミニマリスト主婦の単身NYライフ。自由な生き方、リーンスタイル

大切なことだけをしたいから・・・私なりのミニマム時間術

Sponsered Link

何よりも大切な時間

今、私がもっとも大切にしていること。

 

それは時間。

 

もちろん、人間関係やお金や趣味など大切なことは他にも色々あるけれど、

 

そのどれもを生み出し、育て、維持していくために時間ほど大切なことはありません。

 

最近の私なりのミニマムな時間術について紹介していきます。

 

時間管理の基本

 

平日は、なるべく朝型にシフトするようにしていますが、会社員にとっては夜の時間もとても貴重なものです。

 

帰宅から就寝までのタイムスケジュールを作り、できる限りその通りに実行するようにしています。

 

デイリーのルーティンワークはグーグルカレンダーを活用。

買い忘れ防止のため、買い物リストはスマホの裏に貼る。

スケジュールは分単位だと辛いので時間単位。

 

特別なことは何もない簡単なルールばかりです。

 

具体的な日々のルーティンの時間も測ってみました。

 

着る服を考える時間=1分

日本にいた頃もそうですが、着る服に迷う時間はなく、ほぼ即決です。

私の「毎朝服に迷わないクローゼット」を公開します 

 

秘訣はいくつかありますが、

✔︎洋服が少数精鋭であること

✔︎いろんな着回しができること

という基本的なこと以外に、

 

例えばその日の天気予報を見れば、「その気温ならばこの服、明日は雨だからあの服」というパターンがいくつか頭の中に入っているので迷う必要がありません。予定のある日は週の初めにあらかじめ何曜日はこの服と決めてあることも多いので、あとはそれらの服をいつでも着られる状態にしておけばOK。

 

www.lean-style.com

 

 

メイク時間=10分  

f:id:authenticlife:20170621100724j:plain

 

メイクアップは、だらだらやるといつの間にか時間が経つので、10分以内で終わらせるようにしています。

 

いつもやる方法としては、

①ポーチから化粧品を机に全部出す

②決まった順に使って行く

③使い終わったら順にポーチにしまう

というシンプルなやり方。10分後には机の上がキレイになっています。

 

 

www.lean-style.com

 

夕飯作りは翌日の準備とともに

f:id:authenticlife:20170621101455j:plain

夜ご飯は帰宅後に作ることが多いです。

 

お湯を沸かしたり、茹でたり炒めたりする空き時間に、翌日のランチの準備や野菜を切ってまとめてジップロックに入れて保存するなどの作業を並行してやっています。

 

週末にまとめてやっておけば良いのですが、NYに来てからは週末も思い切り遊び、知らないエリアを散策する時間などに充てたいので、家事はできる限り同時並行するように意識しています。

 

またキッチンに時計があるので、常に時間を気にしながら作業をするようにしています。

 

本当に大切なことだけをしたい

「自分にとって本当に大切なことだけをする時間を」もっと効率よく増やしたい。

 

そのために、まずは

1:日常の何気ない時間をまずは計測してみる

2:実働時間からマイナスした目標時間でタイマーをかけてみる

3:次はタイマーなしでもできるようにする

 

こうした小さな取り組みで、目に見えにくかった時間がしっかり浮き上がってくるものだと感じています。

 

私の改善もまだ続きそうです!