LEAN STYLE in ニューヨーク

ミニマリスト主婦の単身NYライフ。自由な生き方、リーンスタイル

お洒落な街でも、フラットシューズがあれば良い。NYウーマンのお足元事情。

Sponsered Link

靴と用途 

NYに来る時、荷づくりで最も悩ましかったのはでした。

 

厳正なるひとり会議を決行し、持ってきたのはこの4足。

 

ランニング用(Nike)、街歩き用(New Balance)、

お仕事用(Beauty&Youth United Arrows)、そして室内も兼ねたサンダル(Teva)。

 

f:id:authenticlife:20170515105430j:plain

トランク1つでNY。ミニマリストのニューヨーク引っ越し全持ち物公開!

 

ミニマルに、用途に合わせ、我ながらうまくチョイスしたと思っていましたが、

 

週5日同じドレスシューズで会社に行くのは、靴が痛みやすく、テンションも上がらないもので…

 

少し前に、オンオフ兼用の靴を買い足しました。

 

お気に入りの靴、カールラガーフェルド

f:id:authenticlife:20170820073710j:image

選んだのは、KARL LAGARFELDのフラットシューズ。

 

CHANELのデザイナー、カールラガーフェルドが自身の名前をブランド名に掲げた、少しモード寄りだけど手の届きやすい価格帯のブランド。

 

…というネームバリューはさておき、

ソールが白で重すぎないところや

 

黒のパンチングは女性らしさも感じられて、 つま先のメタリックな質感が骨格ウェーブにも合わせやすく履きやすいところも気に入っています。

NYウーマンの足元事情

ニューヨークで働く女性というと、

ハイヒールで歩くスタイリッシュな姿を想像しますが、

 

通勤靴で最も多いのは、実はフラットシューズ。

 

工事中で道路が整備されていないエリアや、

 

地下の排水溝がむき出しの場所も多く、

夏は、オフィスコーデ+ビーチサンダル(!)

という女性を毎日のように見かけます。

 f:id:authenticlife:20170901103551j:image

合理的でアクティブ、自由なスタイルを好む

NYの女性らしさが感じられる光景です。

フラットシューズがあれば良い

オシャレ=我慢とか

美人=ハイヒールとか

きちんとしたパンプスを履いて

背筋を伸ばして歩かなきゃ…

 

そうした“美意識高い系”キーワードに触発され、

 

思いついたように靴を買い、

その度に足が痛くなったり、

年に数回しか履かない靴が増えたことから、

 

私は数年前に「フラットシューズしか履かない」と決めました。

 

ファッショナブルな街、ニューヨークに住むと決めたとき、

その信念はほんの少し揺らぎ、

 

「SEX AND THE CITY 」の主人公キャリーのように

颯爽とハイヒールで歩く自分を(おこがましくも)想像したのだけれど、

 

あっけないほど潔いビーサン女子たちをみると、

 

足と身体に負担をかけ、ヒール=女性らしさの象徴という方程式に縛られるより、

 

ペタンコ靴でも気に入ったデザインは探せばきっと見つかるから、

 

どこまでも自由に行動的になれる靴の方が、

やっぱり自分には合っているなと、確信しました。

 

フラットシューズがあれば良い

素直にそう思えると、より一層靴への愛着も増し

どこかへ出かけたくなるものです。