LEAN STYLE in ニューヨーク

ミニマリストのNYライフ。自由な生き方、リーンスタイル

ニューヨークが教えてくれた「新しい自分」になるための習慣#1:年齢というメンタルブロックは手放す

Sponsered Link

 NYで学んだ習慣術

f:id:authenticlife:20180413113312j:plain

ニューヨークという街は、

たくさんのことを教えてくれます。

 

その中でも、日本で手放せなかった習慣が 

気付けばあっさりと消えているのに気づいたとき、こう考えてみるのです。

 

たとえば息を吸って吐くような、

小さなことでも、

 

自分の中に新陳代謝は確実に起こっているのかもしれないと。

 

ニューヨークが教えてくれた「新しい自分」になるための

習慣について書いていきますね。

1.年齢のメンタルブロックを手放す

自分にとっての一番大きな変化は、

「年齢についての捉え方」です。

 

まず、渡米前のことだけれど、アメリカの会社に履歴書を出す時、

そこには「生年月日」の欄はなかったという衝撃。

 

日本だと、同じスキル・経験ならば若い方を採用するといった風潮や、

転職サイトの募集要項に*年齢は35歳まで(若年層の育成強化のため)

なんて書かれていたりする。

 

でも、アメリカは能力至上主義。だから年齢は問われない。

 

そして、年齢に囚われないぶん、

何歳からでもどんなことにもチャレンジできる。

全ては自分次第。

 

これは、仕事に限ったことではなく、

例えば、いくつになっても美しくありたいとか、

初老でもステキな女性にはどんどん声をかけるオジ様とか、

50歳をすぎてフルマラソンを始めるといった人がとても多いのです。

 

友達の年齢?知らないよ

f:id:authenticlife:20180413115657j:plain

以前、日本語を勉強している外国人達と話したときに、

何気なくいわれた一言。

 

「日本人に初めて会うと、なぜか年齢を聞かれる。

他の国の友達とはそんなことないんだけど」と。

一人ならず何人もにそう言われてしまった。

 

確かにケースバイケースではあるけれど、私も日本では、

初対面の人と会うとき、あからさまには聞かないまでも

会話の節々の情報を紡ぎ合わせて、

「自分より年上か年下か?」を図ろうとすることがありました。

 

それがNYでは、初対面で年齢を聞かれたことはほとんどなく、

外国人と友達になって、週に1〜2回遊んでもお互いに年齢は知らないままで、

 

ある時なんかは、友達になって半年以上経ってから、

彼女が自国に戻る前に、彼女の恋バナを聞いていた折に、

なんとなく私の方から年齢を聞いたところ、12歳下だった。

 

でも、それがどうしたかというと、どうもしない。

だって、その子が何歳であっても、きっと友達だったから。

となると、年齢を聞く意味はほとんどない。

 

なるほど確かに、聞いても聞かなくても何も変わらないよね。

 

じゃぁ、初対面ではどんな質問をするのか?というと、

NYで出会う人たちは、自分の国の文化や夢、趣味など、

より本質的な話をする人が多いように感じます。

年齢にとらわれない生き方

こうした人たちに囲まれて、

強がりでもなんでもなく、

「年齢ってそんなに大事だったっけ?」という環境で

暮らしていると、年齢を意識する機会が以前よりグッと少なくなりました。

 

もし、この記事を読んでいる方が、

 

✔︎良い歳をして、私ったらまだこんなことやってるわ…

✔︎もうこんな年齢なのに、私ってなんてダメなんだろう

✔︎30過ぎた良い大人がやることじゃないよね…

✔︎婚活も転職も、年齢的にキツいよね…

 

といったことを思っているとしたら、

私は間違いなく「そんなことは気にすることはない」と伝えるでしょう。

 

そして本当に気にする必要があるのは、

年齢以外のところだったりするものです。