LEAN STYLE in ニューヨーク

ミニマリスト主婦の単身NYライフ。自由な生き方、リーンスタイル

お皿3枚。少ないお皿でカンタンに料理&やりくりするコツ教えます【ポットラック・自炊】

Sponsered Link

現在のキッチン事情

ニューヨーク市内でくらす私の、日々の食事は自炊がメイン。

 

といっても、そんなに凝った料理ではなく、

できるだけ「手抜きで、美味しく、センス良く」

を理想としています。

 

キッチンツールや手間は最小限、見栄えと味は最大限にするための

私のちょっとしたコツを書いてみますね。

 

持ってるお皿は全部で3枚

f:id:authenticlife:20170905022009j:image

キッチン道具やツールはルームシェアのオーナーから借りたものを使っています。

 

今のところ、私のお皿はこの3枚。 

大皿と深皿はIKEA、中皿はノーブランドのようです。

 

f:id:authenticlife:20170905022012j:image

自宅にいた頃も、食器は厳選していたつもりですが、

今は格段にミニマムに。

▷主婦が食器棚を手放す。「好きなものを少しだけ」の暮らし。

 

お皿の使い分けについても紹介します。

大皿は週末と夜のワンプレートごはんに

f:id:authenticlife:20170905022512j:image

大皿は、ワンプレートごはんに活用。

 

写真は、パンを焼いて具を挟んだだけのお手軽サンドイッチ、

豆サラダ、トルティーヤチップスとサルサソース。

 

どれも手間のかからないものばかりですが、

一人暮らしの週末ブランチには十分。

 

中皿は平日朝と取り分けがメイン

f:id:authenticlife:20170905120605j:image

中皿は、平日忙しい朝のカンタンな朝食用。

マフィンを載せたり、サラダ・夜ご飯の取り皿にしています。

 

欧米では平日朝は、シリアルやフルーツなど簡単に

すませる習慣が多いことから、私も極力手抜きをしています。

 

深皿は麺類、スープ類に

深皿は、夜にスープ、 麺類、丼物などを食べる際に使用しています。

 

写真がなかったのですが、よく作るのは中華系のヌードルや、

ベジタリアンハンバーグを使ったロコモコ丼など。

 

パーティーはNOTお皿でやりくり

お皿3枚だと、パーティー料理などはどうするの?

と疑問に思う方もいるかもしれません。

 

私の場合は、持ちよりパーティー(ポットラックパーティー)や

BBQなどは、お皿を使わない方法で対応しています。

 

アルミホイルやパーティー皿を活用

 例えば、お魚料理などはホイルに包んで持参します。

(アメリカのアルミホイルは日本よりも丈夫で地厚)

 f:id:authenticlife:20170910135039j:image

(サーモンとアスパラのハーブ焼き)

これなら BBQグリルや友人宅のオーブンで火入れをすれば完成。 

https://www.instagram.com/p/BVXFjpYh_dv/

外でのピクニックなら、可愛い柄のペーパー皿を活用したりしてもOK。

 

コンテナやタッパーを利用

陶器のお皿以外に、冷凍保存やランチボックスとして

コンテナー(タッパー)などを利用しています。

 

こちらはクスクスを作ったとき。

f:id:authenticlife:20170910135413j:image

大皿としてテーブルにも並べられる取っ手付きのコンテナは、

99セントショップで見つけた優秀品。

 

日本ならば、アラジンのコンテナなどが使いやすそう。

 

ちなみにクスクスは、世界最小のパスタと言われる粒のパスタで、

だいぶ前にレシピも公開しています。

www.lean-style.com

まとめ

洋食は、和食よりも色鮮やかでカラフル。

その分、白いお皿でも料理が華やかに見えますね。

 

キッチンツールの数が少なくても、

料理や食事を楽しむアイディアは沢山あります。

管理や片付けの手間も最小限にして、

これからも自炊を楽しみたいです。