LEAN STYLE in ニューヨーク

ミニマリスト主婦の単身NYライフ。自由な生き方、リーンスタイル

私が唯一着回さない服。部屋着はインスピレーションと時短、女子力向上で選択せよ。

Sponsered Link

着まわしと私

このブログでは、ファッションの着回しの記事がよく読まれるのですが、

【私服6コーデ】シンプルな秋の大人女子ファッション&徹底解説!

続・たった9枚で!綺麗めモノトーンな8日間着回しコーデ 

 

私にも着回さない服がある。

私が唯一着回さない服

それは部屋着のガウン。

 

f:id:authenticlife:20170910043002j:image 

現在NYのタウンハウスでシェア住まいをしているわけですが、

 

共有のバスルームから自室に戻るとき、ルームメイトの手前

タオル一枚でウロウロするわけにも行かず、

 

かといって、シャワー後にすぐさま全身着替えるのも億劫で、

そうだ、ガウンを買おうと思いついた。

勝手に部屋着3原則

自分なりの「部屋着選びの3原則」を作るとしたら、

今の気分はこんな感じだ。

 

1.インスピレーション

2.時短

3.女子力向上

 

着まわさない服はインスピレーションで選ぶ

私のワードローブはモノトーンが中心。

▷着回し抜群!シンプルファッションで黒ワンピースを着こなすコーデの3つのポイント&予算別ショップまとめ

 

甘口ファッションは20代ですっかり卒業したけれど、

部屋着や水着などは、黒にこだわらず気分のアガるものを

インスピレーションに任せて選ぶようにしている。

 

骨格アドバイザーとしての知識を活かしつつも、

最後は理論だけでなく、本能的に選ぶのが楽しいし、

 

どんなに派手でも、着まわさないから自由に楽しめる。

先日の水着も然り。

f:id:authenticlife:20170825092948j:plain

 

時間を生み出し、収納にも手間をかけない 

ガウンを買ったことで、移動の着替えが格段にラクになった。

一枚サッと羽織るだけで、時間が生まれる。

 

モノを所有する基準は「時間が生まれるか」で決めるという記事にも

書いたように、こうしたモノなら大歓迎。

 

ただし、時短アイテムを買ってたのに、

メンテナンスや収納に時間をかけるのは悲しい。

 

ということで、収納も手間をかけず、フックにさらりと引っ掛けている。

白いドアにもなんとなくお似合いだし、ズボラな私にもお似合いだ。

f:id:authenticlife:20170905021428j:plain

ナイトウェアと女子力

ツルンとした素材に、花と鳥がついたこのガウンは、

今暮らしている部屋の雰囲気にもあうし、

ガウン1枚でメイクしているときは、

女子っぽさも味わえる。

 

後から気づいたけれど、

ミランダカーも花柄のガウンを愛用していた。

f:id:authenticlife:20170911093312j:plain

ミランダ・カーと私の間に、唯一の共通点が生まれた瞬間だ。

 

部屋の中は、自分だけの空間。

一人暮らしならば、どんな想像や妄想をしても

誰にも咎められることはない。

 

ひとり時間をどう過ごすか

昼の自分と夜の自分

緊張と緩和

 

ナイトウェア1枚で幸せな気分になれる。 

寒くなったらバスローブも買おうと企んでいる。