LEAN STYLE in ニューヨーク

ミニマリスト主婦の単身NYライフ。自由な生き方、リーンスタイル

お洒落になりたい!ミニマリストな私のストール、ピアス・ネックレスを紹介。小物の上手な選び方、おすすめ通販も解説します

Sponsered Link

夏の小物と選び方を解説  

こんにちは、マギーです。私の住むNYも、毎日30度を越す暑さで、夏真っ盛り。

 

今回は久しぶりにファッションネタ。最近買った私物や夏の小物の選び方について2回に分けて紹介します。

 

今回はストールとアクセサリーについて。

 

▽昨年のも参考にしてくださいね 

www.lean-style.com

 

 

冷房対策のミニストール

少し前に新しく買ったのがこのストール。

 

 f:id:authenticlife:20170723095440j:image

冷房対策にもファッションのポイントにもなるストールは、お洒落に欠かせないアイテムですよね。

 

古着屋で見つけたCARVENというブランドで、個性的な柄がお気に入り。

 

 FOREVER21の1500円くらいのグレーTシャツに合わせても、なんとなくサマになり気に入っています。

 f:id:authenticlife:20170723124954j:image

ストールはすでに1枚持っていて、2枚目を買うのは少し悩みましたが、オフィスカジュアルにも使えるので買って正解でした。 

 

ストールを選ぶPOINT

#1枚目のストールが無地なら2枚目は柄モノで

#ストールの色味は差し色よりなじませ色

#骨格ウェーブなら小さめをセレクト(重心を上にあげるため)。ナチュラルさんは長め、ストレートさんはミディアム。

 

ストールを選ぶ時、上半身を鏡で見ながら顔映りを確かめる方は多いですが、必ず全身鏡でもチェックするのをお勧めします^^ 

www.lean-style.com

 

差し色についてのマギー的持論

小物を派手色にして"お洒落な差し色コーデ"というのを雑誌などでよく見かけるけれど、個人的には差し色が活かされるのは全身コーディネートが平均以上のときだと思っています。

 

靴や小物だけ赤、といった1点だけ目立たせるコーデはやや上級者向け。ときに野暮ったさと紙一重になるので、シンプルワードローブ派の方なら洋服のベースカラーと同系色でなじませる方が無難というのがワタシの持論です。

 

ネックレスとピアスは1つずつ

今、持っているネックレスとピアスは1つずつ。

なにげに過去最高にミニマム。

 

 f:id:authenticlife:20170723041449j:image

 大きめシルバーチェーンは$20くらいのプチプラ。

 

ゴールドかシルバーどちらが良いかは好みですが、最近のトレンドはややシルバー寄り。パーソナルカラーがサマーやウィンターの方は、夏ならば迷わずシルバーで正解です。

 

ピアスは軽くて付けごこちが良く、もう10年くらい愛用しています。キャッチがないので装着も簡単だし、合わせやすいところが好きで、 「ジューシーロック」で買いました。

 

選ぶPOINT

#アクセサリーは、パーソナルカラーがサマーやウィンターの方は、夏ならば迷わずシルバーで正解。スプリング、オータムなら基本はゴールド。

#柄物の服が多い人はアクセサリーは少数精鋭を。無地派の方はアクセで遊びココロをプラスしましょう

 

アクセサリー選びは重要という話

f:id:authenticlife:20170724035547j:plain

シンプルミニマムでシックなお洒落が好きな方は、アクセサリーの選び方はとても重要です。

 

ネックレスやピアスは洋服よりも小さく存在感も控えめな分、あまり深く考えずに手にとっている人も多いかもしれませんが、どんなアイテムを選ぶかで、その方の個性がより出やすいものです。

 

同じネックレスでも、パール、クリアガラス、レザーに、ハワイアンジュエリー、それぞれイメージする女性像って大きく違いますよね?

 

小物がおすすめな通販サイト

ジューシーロック

先ほどのピアスを購入したのがこちら。2000円代から手に入るアクセサリーは、ちょっと気が利いてるのに使いやすいデザインがいっぱいです。雑誌掲載やブロガー、エディターさんとのコラボも豊富。

little-black

30〜40代の少しハイセンス好みな女性向け。シックだけどほんのりモードなアイテムが揃う優良サイト。洋服は1万円前後の価格帯が多いけれど、アクセサリーは1000円代から手にはいるので、周りとかぶらない小物選びが楽しめます。

 

CK Collective

シンプルだけどちょっとエッジの効いたアクセサリーが集まるwebsite。英語のみですが、ストリートシンプルなセレクションが私のツボ。

 

アクセサリー1つでも、ぜひ「自分を象徴するイメージ」で、じっくり選んでみてください。値段はプチプラでも良いけれど、デザインがラブリーすぎると野暮ったくなるのでお気をつけあれ!

 

後編もお楽しみに