LEAN STYLE in NY 〜リーンスタイル in NY〜

ムダのないスタイル。そして一歩を踏み出す。

LEAN STYLE

LIFE,STYLE,FASHION,CULTURE,HOME...

買い物グセをなくす方法は「自分に自信を持つこと」

 映画のワンフレーズにハッとする

先日、NETFLIXで「マダム・イン・ニューヨーク」という映画を観ました。

映画『マダム・イン・ニューヨーク』公式サイト

 

印象に残ったのが、主人公のマダム(といっても30代だと思うけど)の言葉。

 「人は自分のことが嫌いになると、自分の周りもイヤになって新しさを求める。でも、自分を愛することを知れば、古い生活も新鮮に見えてくる。」

 

これは本当にその通りだなと、強く頷いてしまった。

 

そして、この言葉を聞いて一番に思い出したのは「買い物グセ」のあった時のことでした。

ショッピングが止まらなかった時代

f:id:authenticlife:20170118200604j:plain

私は以前まで、毎月結構な額をショッピングにつぎ込んでいた(特に新しいシーズンの立ち上がり時期)。

 

今では買い物欲は以前に比べてずっとコントロールできるようになったけれど、あの頃は本当に止められなかったのです。

※ブランド品を沢山処分して学んだこと→買取価格10倍のチャンスも⁈洋服を買取査定に出す前に知っておくべき3つのコト 

 

冒頭のマダムのセリフを聞き、「私は自分に自信がなくて、そんな自分がイヤで、そしたらなんだか自分の周りもイヤになって、常に新しさを求めていたんだろうな」と感じました。

 

お気に入りの服を着ても、自分に自信があれば「うん、良いかも♪」と思えるけど、自分のことが好きになれない時には買って間もない服さえも、

 

「え、なんかコレ変かも。あの店員さん似合ってるとか言ってたけど、こんなの全然ダメじゃーん」と、他人のせいにしてみたり。

 

その凹んだ気持ちを解消するのも、やっぱり買い物でした。

 

「新しさ」が不安を解消してくれた

f:id:authenticlife:20170118201935j:plain

新しい服に袖を通すと、私の機嫌は少しだけ良くなる。

 

乾いた心に少しの潤い。そして私は私を取り戻し、元気になる。

 

そんなファッションの魔法が大好きでした。

 

でも、自らのチカラで自信を生み出せないと、新しさの「賞味期限」は意外と短い。

 

そして私はまたお買い物に繰り出す。そうやって疲弊したりワクワクしたりしながら、歩き回ってお金を使って時間を使って、ウロウロと自分探しをしていた。

 

自分を愛することを知れば、古い生活も新鮮に見えてくる

今は、新たに買い物をしなくても、自分をそこそこ認めることができている。鏡を見て、自分の粗探しをするよりも、もっと健全なメンタルで、前向きに、自分を多めに見てあげようと思える。ファッションの魔法は「新しさ」だけではないってこともわかった。

 

「自分で自分を褒めてあげたい」っていう言葉は、オリンピック級の偉業を達成しなくても使っていいはず。

 

自分に自信を持ち、自分を愛すると、生活は変わっていく。

何も変わらないとしても、見方が変われば「見え方」は変わる。

 

映画そのものも、インドに住む古風な専業主婦の女性がコンプレックスを抱えた中、努力してイキイキと旅する様子が描かれていて、爽やかな気分になりました。

 

関連記事:

「買いたがる脳」のしくみを理解して、買い物グセを減らす3つの方法! - LEAN STYLE〜リーンスタイル〜  

コンプレックスを拭い去るきっかけになったのは「ライフワーク」という言葉