読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LEAN STYLE in NYC 〜リーンスタイル in NY〜

ムダのないスタイル。そして一歩を踏み出す。

LEAN STYLE

LIFE,STYLE,FASHION,CULTURE,HOME...

愛がないと大切にできない。無印マグを手放して、サーモスのタンブラーを買う。

火傷をした。

 

幸い軽傷だったけれど、コーヒーを淹れる時、自分でもビックリするほど大袈裟にひっくり返してしまいました。

 

原因を一言で言うとズボラだったから。

f:id:authenticlife:20161217180624j:plain

寒いので、保温性のある無印のタンブラーでコーヒーを飲もうと思いつき、コーヒーサーバーがないから直接コーヒードリッパーを乗せてお湯を注ごうと試みた。ただでさえ狭い注ぎ口、ドリッパーの受ける側の口とぴったり合わせないと、積み木を抜いて遊ぶジェンガ並みのグラグラ感。

 

でも不安定ながらも、過去の2度の成功体験からイケるだろうと踏んで、お湯を注いだら見事に全部ひっくり返った。熱さで手足をばたつかせたせいで、部屋の壁紙にまでコーヒーが飛んだというオマケ付き…。

 ごめん、愛してなかったの。

f:id:authenticlife:20161217190952j:plain

手を冷水で冷やしつつ、ぶちまけたコーヒーを拭き取り、壁には重曹スプレー+キッチンペーパーの湿布療法をしながら気がついた。

 

「私、この無印のタンブラーを全然愛してない」と。

 

パッと見は、シルバーのボディに細長のフォルムが好みのタイプ。でも、飲み口のシリコンにリップがべたりと付くとラメが落ちにくいし、スリムさが故、中に手が届かず底がめちゃくちゃ洗いにくかった。

 

毎日使うわけでなく、思いつきで手を伸ばす間柄。全然、愛がなかったのです。

モノにあたるのは間違い。

夜中に、火傷した手がヒリヒリ、ジンジンと痛んでなかなか寝付けず、いろんなことを考えました。そして以前なら、こういうとき私はよくモノに当たってたなぁなんて記憶も。

 

グラスが割れたら、ガサツな自分を棚に上げ、割れやすいグラスを責めた。

新色のリップで唇の皮がむけたら、口紅と口コミを呪った笑。

 

でも、最近は、モノにあたっても仕方ないし、イライラした気持ちはさらに悪いことを呼び起こしそうだから、しょうがないよねぇ、誰も悪くないよねぇと思うようにしている(自分が悪いとも思わないこの図々しさ)。ちょっと大人になった気分。

 

そもそも、もし自分がとても大切にしているモノだったら、怒りの矛先にするどころか、まずそれが壊れていないことを一番に安堵したりするんだろうな。

 

私、あのタンブラーに全く惹かれてない。シンプルライフのテッパン無印良品様でもごめん、無理。怒りはないけど、愛情もないわ。

 

ってことでサヨナラすることにしました。

実は本命?サーモスの断熱タンブラーget

節操ないかもしれないけれど、捨てたその日に買ってきたのがサーモスのタンブラー。

 

ブログ仲間の「ヨガとシンプルライフ」みうさんの記事を見て、ずっと欲しいと思っていたもの。

www.yogasimplelife.com

みうさんが何度も記事にするくらいお気に入りと書いていたので、同じタイプのものを買いました(340ml)。

f:id:authenticlife:20161217180645j:plain

早速コーヒーを淹れたら抜群の安定感と保温力。外は全く熱くないのに中はホカホカで時間が経っても冷めにくく、ビールを淹れたら飲み干すまで冷たいままで、買ったその日から私のお気に入りになりました。

 

愛情がないと大切にできない。だからお互いのために別々の道をゆく。そしたらもっと愛せるモノに巡り会えた。

 

手はヒリヒリするけど、なんだか良い勉強になりました。

 

とはいえ、おっちょこちょいだから、蓋と滑り止めの底カバーも買おうかなと検討中