読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LEAN STYLE〜リーンスタイル〜

ムダのないスタイル。そして一歩を踏み出す。

LEAN STYLE

LIFE,STYLE,FASHION,CULTURE,HOME...

わたしたちは、1秒ごとに捨てて、そして生まれ変わる。

1週間、羽根を伸ばして感じたこと  

f:id:authenticlife:20161107193404j:image 

マギー@SimpleMGYです。

 

身体と心をリラックスさせるため、スリランカへアーユルベーダを受けに行っていました。とにかく素晴らしいの一言に尽きる最高の時間で、全身が生まれ変わったようです

 

この先の人生で何度でも訪れたい場所が見つかった喜びとともに、辛くなっても此処に戻って来ればまた頑張れる…そんなお守りを持ち帰った気分です。

 

スリランカ旅行記は、数回に分けて今後オーガニックな食事、持ち物、費用などもじっくりと書きますので、今日はこの1週間で感じたことを。

人は1秒ごとに捨てて、生まれ変わる

f:id:authenticlife:20161107195927j:plain

一人の時間にいろんな本を読み、考え、悩み、瞑想もしました。

 

スリランカ人のお坊さんが書いた「執着の捨て方」という本を読んだとき、「人は1秒ごとに捨てている」というフレーズを目にしたとき、ハッとしました。

 

仏教では、そこにあるペンは、さっきまでのペンとは違うそうです。

 

1分1秒ごとに全てのものは少しづつ変化しているという考え方。

 

確かに、花は突然朽ちるのではなく、少しづつ枯れていく。食べ物も生き物もそう。赤ちゃんが新しい言葉を覚えるように、日々人間も変化し、私たちの身体は成長とともに老いていく。

 

ほんとうに当たり前のことだけれども、わかっているつもりだけれども、森の中で自然に囲まれて暮らしていると、当たり前のことに気づかされます。

 

仕事も、今日やるべきこともない。wifiもLINEの未読もタイムラインもニュースもない。寝たい時に寝て、泳ぎたい時に泳ぐ。嫌なことがなに一つない環境で何にも捉われない時間。

 

そんな時間さえもずっと続くわけではなく、いつか終わりが来る。私たちはいやがおうにも、毎日変化しているだなぁって実感しました。

私たちは手放しているのだから、何も恐れることはない

f:id:authenticlife:20161107192405j:plain

(敷地内はとても広く、野性的で自由な方向に枝を伸ばす木が沢山繁っている)

 

1秒ごとに変化するからこそ、成長をよろこんだり、暖かい食事を暖かいうちに食べたり、この瞬間に出会い、その場に一緒にいることが運命的だなって思える。

 

1分後の老いについて深刻に悩む人はいない。黙っていても老いていくのだから。それならば楽しいことを考えたり、美味しいものを食べたりしたほうがずっと良いってことをみんなわかっている。

 

でも、1年後、5年後のことになると途端に不安になったりする。悩んでも答えが出ないから、未来の自分へ決断や選択を先送りしてしまったり、周りをみて、無難な道を選んでしまったりもする。

 

でも、大事なのは今なんだ。
 

それをすごく意識しました。

 

「意識」というと自発的で前向きなように聞こえますが、実際は突きつけられるって感じです。でも同時に、手放すことは怖くないんだな、日々手放しているんだもんなって確かめる気持ちにもなりました。

生まれ直せないけど、生まれ変われる

冒頭で、「全身が生まれ変わったようです」と書いたけれど、私だけでなく、みんなの細胞も毎日生まれ変わっているし、こうしているうちに脳みそも、自分の行いによって進化したり退化したりしているんだ。

 

生まれ変わるのに遅いも早いも関係ない、あえて言うなら「早く気づいたもの勝ち」なんじゃないかなって気がします。

 

まずは初心にかえった気持ちで、今日から毎日ブログ更新がんばろうかな。

明日は「告知」もあるので、また見に来てくださいね。

Shanti