LEAN STYLE in NY 〜リーンスタイル in NY〜

ムダのないスタイル。そして一歩を踏み出す。

LEAN STYLE

LIFE,STYLE,FASHION,CULTURE,HOME...

私の「毎朝服に迷わないクローゼット」後編。

 クローゼット公開、後編!

前回に続き、今回は後編をお届けします。

▼前回の記事はこちら

authenticlife.hatenablog.com

 衣類ケース収納について

f:id:authenticlife:20160808120022j:image

クローゼットの下には衣類ケースを1つ。ケースの上に冬ブーツを箱ごと置いています(北海道民にブーツは欠かせません)。

 

上段はインナーやベルトなどのファッション小物類。中は仕切りBOXを活用しています。

▼こういったもの。

中段はトップス。先日「夏服を増やさない4つのマイルール」という記事でも紹介しましたが、上半分に現在は夏物を、下半分はオールシーズンのカットソーやニットをいれています。

夏が終われば、上半分を秋冬物に入れ替えるスタイル。

f:id:authenticlife:20160806223312j:image

下段はソックス、ストッキングや、黒スキニー、ランニング用レギンスなどのボトムスを入れています。

【関連記事】黒パンツコーデ▶︎骨格診断もカラー診断も生かした、黒パンツ着こなし術と活用法! 

ランニングコーデ▶︎【コーデ】ミニマル女子のランニングファッションコーデ♪ 

 

下に置いたバスケットには、オールシーズンの部屋着、ルームソックスをざっくり収納(鳥さんがこっち見てるー)

f:id:authenticlife:20160810060715j:image 

 

 クローゼットの外の全身鏡に帽子をかけています。

 

f:id:authenticlife:20160810052220j:image

 

 全身鏡はあると、ファッションを俯瞰してみることができてお気に入りです。

authenticlife.hatenablog.com

半径1mで服に迷わないクローゼット

 f:id:authenticlife:20160810053212j:image

 朝のルーティンは、

1:下着、ストッキング、トップスを取り出す

2:ボトム、ジャケットを羽織る

3:ボックスに入れたアクセサリーをつけて

4:全身鏡でチェック

 

帰宅後は、

服を洗面所のランドリーボックスに入れて、カバンを上に、アクセサリーを3に戻し、5のバスケットから部屋着を取り出し、着替えて完了!

 

半径1mで服に関することが完結します。

 

これが、自分にとって、ものすごく快適なんですよね。着る服に迷わず、朝バタバタと家の中のあちこち探し物をしたりせず、サッと出して、サッとしまえる。

 

朝時間が確実に増え、外出のための準備にかかっていた時間が、ゆとりの時間になったおかげで、朝から本を読んだり、ブログを書いたり、走ったり、好きなことをする時間が持てるようになりました。

 

クローゼットの工夫やこだわりは、まだ書き足りないことがあるので、そのうちまた書こうと思います。

 

皆さんも、自分らしいクローゼットで、じぶん時間を増やしてハッピーになっちゃいましょう^^