LEAN STYLE in ニューヨーク

30代、NYで働く私なりのミニマムで自由な生き方、リーンスタイル

30代OL夏のボーナス使い道(家具の廃棄処分費用も公開♪)

Sponsered Link

女子とボーナス

2016.7月号のPRESIDENT WOWANを書店で見てきました。

[書籍内容の一部]

○550人の「給与・ボーナス」とことん解剖! 女性の給料〈最新ファイル〉

○起業ウーマンに聞きました! 開業資金、現収入、幸せ度……お金と夢と人生のハナシ

○スキルがあれば正社員より高収入。時給4000円もスーパーハケンの品格

○感動と興奮が止まらない! 極上のweekend trip7選一生モノの体験をする 週末旅etc

各業種や有名企業のボーナスなどが、かなり具体的に書いてありました。

 

お金の使い方は本当に人それぞれで面白いですよね。一昨日書いた記事でも、皆さん色んなお金の使いみちを披露して下さいました、ありがとうございます^^

authenticlife.hatenablog.com

  

今回は自分への未来投資以外の実用面、経費としての使い道についてです。

 

ボーナスの使い道。

一昨年までは、ストレス発散と言わんばかりにボーナスでは服やブランド品など欲しいものを買い、あとは海外旅行に費やしたりしていました。

f:id:authenticlife:20160607014720j:plain

 

現在はというと「頑張って働いたことの証拠品」にしかなっていないブランド品はだいぶ処分し、

 

買った値段にかかわらずお気に入りだけを持つようにしています。むしろプチプラが増えてます。

 

では、何に使うのか?使ったもの、使う予定のものを紹介しますね。

1.廃棄処分費用

なんにもない部屋が出来ました。カラっぽの寝室で思うコト。 - LEAN STYLE〜リーンスタイル〜

先日の廃棄処分にかかった費用を充てたいと思います。

処分費用25000円

ちなみに1回目の大型断捨離時も同じくらいのお値段でした。お金をかけてでも、スッキリ空間が手に入ったのでとても良かったです。

2.iPhone買い替え

SIMロック解除のiPhone5s(64G)を購入しました。6plusからのダウンサイジングです。

 

初めての中古iPhoneでしたが状態も良くて全然問題なく満足しています。

iPhone3万円 

3.マットレス

ベッドも布団一式も捨てて、今は寝袋とカシウェアーしかないので、よくブログでお見かけする、アイリスオーヤマのエアリーマットレスを買おうと考えています。

予算3万円(シングル厚さ9cm)

関連記事:【カシウェア】家の中でいつも私を包み込む最愛ブランケット - LEAN STYLE〜リーンスタイル〜

4.夏のイベント

イベント、フェス、キャンプ、BBQなど、アウトドアが大好きなので、沢山お出かけしたいです。

f:id:authenticlife:20151224215757j:plain

  7〜8月夏休み遊び予算

60000円(交通費、宿泊費、食費など)

足りないかも…。

 

その他、秋の有休休暇や、ちょこちょこ東京に遊びに行く費用や、自分の為になる自己投資(あえてのファイナンス以外)に使いたいです。

 

昨年も秋にMacBook購入、セブ1週間留学、月に3回東京へ行ったりと、服やカバン、靴を買わなくても、しっかりお金を使っているので…今年も何かワクワクする予定を立てたいです。

2015この秋したことを振り返ってみた - LEAN STYLE〜リーンスタイル〜

 

自分にとって有意義な経験や、気づきを与えてくれる人達との交流、笑ったり飲んだり、時にはふざけたりする瞬間ってサイコーだなっていつも考えています。

お金とミニマリスト

「ミニマリストはお金を使わない」と言われがちですが、わたしは人並みには 経済に貢献していると思っていまして…

 

金融系の仕事柄、一日中、PC2台と電話と電卓でお金の計算をしているので、お金について考える機会はとても多いのです。

 

だからこそ、ただお金を稼ぐからスゴイとか、稼がなくても暮らせるからスゴイとか、沢山使うからエライ、使わない方がエライ…といった画一的な考えにはあまり興味がありません。

 

その背景にある、その人なりの工夫とか、努力とか、才能とかプライオリティなんかにはとても興味があるけれど、結果論だけならどっちでも良いと思ってしまうんですよね。

 

その人自身が心底満足していれば、それで十分

 

今の自分を正当化するために、本当の自分を偽って隠して、満足しているフリをするのではなく、

 

心から楽しく暮らしているのであれば、どっちだってなんだって良いんじゃないかしらなんて偉そうに思います。

 

やっぱり楽しいことを考えてるときが、1番幸せかもしれませんね!