読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LEAN STYLE in NYC 〜リーンスタイル in NY〜

ムダのないスタイル。そして一歩を踏み出す。

LEAN STYLE

LIFE,STYLE,FASHION,CULTURE,HOME...

洋服ぐちゃぐちゃ時代からの卒業は、新しい自分の始まり。

辛かった洋服収納からの卒業 

clothes


20歳頃からずっと洋服の収納・整理に悩んできました。

 

どんなにどんなに頑張っても、服が整理できず、部屋が散らかるんです。

 

ハンガーラック、間仕切り収納、衣装ケース、何をどう試しても服が収まらず、満足できる収納用品に出会えませんでした。

 

ハンガーラックを服の重みで壊したことは、一度や二度ではありません。

 

引き出しに収まらず、はみ出た服、床に散らばった服を見ては憂鬱になる日々。でも、欲しい服はエンドレスで浮かんでくる日々…完全なるファッション迷子でした。

シンプルな収納の秘訣は信じられなかった

シンプルな収納の秘訣について、どんな本を読んでも、

 

着ない服は処分する

1年着なければ捨てる

むやみに買わない、増やさない

 

なんて書いてあって、読むたびに頭ではわかっていました。そして、いつもこう思うのです。

 

「それ、街で見かけるオシャレな人も本当にやってるの⁇」

「ファッションに興味のない人だけのルールでしょ?」

 

だって、私の大好きなドラマSEX and THE CITYの主人公キャリーだって、巷のお洒落なスタイリストさんだって、みーんなクローゼットに沢山の洋服やキラキラのパンプス、アクセサリーやバッグを持っているし、

 

ファッションブログを見れば、ユニクロを色違いで買ったり、無印良品週間に服をまとめ買いしたり、みんなせっせと買い物してるじゃない?

 

本当にみんなどうやって服を管理してるの?せっかく買ったお気に入りの服も手放すの?それって意味あるの??

 

と、とにかく頭の中はクエスチョンだらけ。

新しい服を買わないとオシャレになれない?

Bethan and Ben

「新しい服を買わないとオシャレになれない。」

「服が少なく整理できる人はオシャレに無頓着な人。」

「コーデにはバリエーションが必要。」

 

だから私は服を買う。

 

そんな風に自分を正当化していました。

 

でも、今はそれが違うとわかります。

 

このブログでもよく読んでいただいている着まわしコーデ記事は、そうした凝り固まった考えをほぐしながら、考えて作りました。

authenticlife.hatenablog.com

authenticlife.hatenablog.com

 

思い悩み、解決するから次に進める

Sale

 流行だから、セールだから、ブランドだから、安いから…

あらゆる物事に目移りして服を選んでいた頃に比べて、今では本当にファッションについて思い悩まなくなりました。

 

どんな服が好き?

何が似合う?

どれが今、必要?

 

こんな質問は、

 

これからの人生どう生きていきたい?

生きる上で大切にしていきたいことは?

死ぬまでに成し遂げたいことは?

 

という質問に比べたら、あまりにもたやすいのです。

それなのに、ファッションや、買い物、お片づけに、今まですごくすごく悩んできた。

 

大きな壁のように立ちはだかっていたんです。

 

それは、世間の思い描く華やかな女性像への盲目的な憧れや、自分に自信がなかったこと、骨格スタイルのような理論を知らなかったから、とにかくセンスを磨かなきゃ…と思っていたことなど、色んな理由が複雑に絡まっていたからです。

 

そして今は、ファッション問題からの解放は、自分にとって新しい自分の始まりだなって強く感じています。

 

オシャレが好き、でもファッションで消耗しない自分は、世の中にある色んな素晴らしいことに気づける自分なんだなって、思考や興味の広がりが加速化して行っていることに気づいたから。

 

だから、もし同じように悩んでる人がいたら「その気持ち、痛いほどよくわかるよ」と言ってあげて、手をとってハグしたい。

 

それくらい、自分にとっては大切な転機です。

 

あなたにとっての転機はいつですか?これから?

それとも、もう新しい自分ですか?

 

きっと、本当の自分だけが知っているはず。