LEAN STYLE in ニューヨーク

30代、NYで働く私なりのミニマムで自由な生き方、リーンスタイル

手放す為に、更に意識しはじめた2つのコト

Sponsered Link

ワードローブ整理も大詰め

昨年から少しずつモノを減らし始めて、洋服や身の回りのモノの断捨離が進み、とても良い感じです。

少しずつモノと向き合うことにも慣れてきたので、手放す、残すの判断も早くなってきました。

以前は、似合うか?気に入っているか?使っているか?といった視点で考えてましたが、最近は新たに手放すときに意識しているコトが増えました。

理想のライフスタイルと合うか

f:id:authenticlife:20160519075934j:image
ちょっとヨレヨレっとした、でも部屋着としては着心地が良い長袖Tシャツがありました。

ファストファッションで買ったものですが、なんだか肌馴染みがよくて、引っ掻き穴が出来たのに気にせず着ていました(縫って直せる感じではない)

着心地は良いけど、自分の思い描くライフスタイルの中で、このロンT着てる自分が「こなれて見える」のか、「ちょっと残念に見える」のか、客観視したら後者な気がしたので手放すことにしました。

ダメージ加工で穴が空いてたり、古着だったりには抵抗がないしむしろ好きなんですけどね。

古くなるまでモノを大切にすることと、くたびれてヨレヨレした服を着続けることの線引きが、自分の中で明確じゃなかったのですが、

最近は理想のライフスタイル、自分にとっての目指すべき自分がそれを着てるかどうかをヒントにしたいと思っています(外見だけでなく、内面も総合的に)

ちょこっと風水

La Fageda d'en Jordà (XXI)


お掃除好きの人は、風水に興味がある人が多いですよね。

私は掃除好きとは決して言えませんし、風水もよく知らないのですが、モノが多かったときより、ほんの少しだけ気にするようになりました。

特に、
・古い下着は捨てる
・キッチンには極力モノを置かない
・玄関周りをスッキリ
といったことは風水を少しだけ意識しました。

玄関周りに動物の置物を置いていたのですが、風水的によくないと知り、思い切って断捨離しました。

神さまがやどる お掃除の本

神さまがやどる お掃除の本


やっぱり方法論があると、踏ん切りがつきやすいなと実感しています。