LEAN STYLE in ニューヨーク

30代、NYで働く私なりのミニマムで自由な生き方、リーンスタイル

「ハピネス」読了。人と自分を比べて思い悩む必要はない。

Sponsered Link

小説『ハピネス』を読んでみた

先日、友達に借りて桐野夏生の小説「ハピネス」を読みました。
 
 
桐野夏生は処女作から「東京島」くらいまでは好きで殆ど読んでいたけれど、最近はなんとなく遠ざかっていた。でもハピネスはアラサーママ雑誌VERYに連載されていて、色んな意味で興味がありました。

 

あらすじ

Mansion Twins


都心の湾岸沿いタワーマンションに住むママ友達4人。互いを「誰それちゃんのママ」と呼び合い、タワマンのラウンジなんかで毎日仲良く子供を遊ばせる日々。

 

でも内実は夫の職業とか、高層階の住人の方が格上とステイタスを値踏みしあったり、元キャビンアテンダントの美人リーダーママを中心に、幼稚園のお受験問題とか互いの懐事情を探り合うような関係。

 

主人公は、子供に朝インスタントラーメンを食べさせた日には、我が子に向かって「ママたちの集まりではラーメン食べたこと言わないでね!」と口止めをしたり、賃貸なのに分譲のフリをしたり、本当は新潟出身なのに夫の実家の町田出身と嘘をついてみたり、とにかく「憧れの都心ママ」になろうと、ステキなママたちの仲間はずれにならないように必死な毎日。

 

でも、実際はみーんな見えないところで色々あるのよねっていう話でした。 

幸せの定義

結局、使い古された言い方になるけれど、「幸せの定義は人それぞれ」。誰かやどこかのお仕着せとか、ステレオタイプな価値観に振り回されることの虚しさを痛感しました(自分でしっかり納得して選択したことが、たまたま世の中の価値観と近いってことはあると思うけれど)。

 
私が独身でハタチくらいなら、まさにVERYに出てくるようなママを見て「あー、羨ましい」と思っていたかもしれません。
 
今、思うのは仕事でも趣味でも子育てでも、毎日をキラキラと輝いて生きる女性はもちろんステキ。でも、それはどこに住んでるとか、年収とか、既婚か未婚かという問題ではない。ましてや、むやみに人と比べて判断するものではない、と実感します。そんなの当たり前、と思う方もいると思うけど、そんなことも以前では気付けませんでした。
 

人と比べて思い悩むことはない

私もずっと人と自分を比べて生きてきたので、主人公の気持ちは理解できます。でも、他人はよく見えるもの。何かにコンプレックスがあればあるほど、それは強く、眩しく見えるものです。でも、本当のところはその人にしかわからないし、誰にでも人には言えない秘密くらいあるかもしれませんし、想像上で比較してガッカリしたり落ち込んだりする必要はないはず。

 

以前にも書いたけれど、人と自分を比べるのであれば「現状」という点ではなく、むしろ「そこに至るまでの過程」の方が良いと思っています。authenticlife.hatenablog.com

将来のことは誰にもわからない

独身の友達が「良いよねー、結婚してて」なんて冗談めいていう時に、心の中でいつも思うのは、「今はね、先のことはわからないけどね」ということ。
 
結婚してもパートナーに互いにこの先何があるかなんて全くわからない。人生の後半に望みを叶える人だって、世の中にはたくさんいる。
 
今に甘んじず、驕らず、惑わされず、我が道を行くのみ。思い煩うことなく、欲にとらわれず、楽しく生きるしかないと改めて気づいたのでした。
 

「貧乏な人とは、少ししかものを持っていない人ではなく、無限の欲があり、いくらあっても満足しない人のことだ」

 

「君が日本を変えることはできない。でも自分の考え方を変えることはできるんだよ。世の中に惑わされずに自分をコントロールすることはできる」(ホセ・ムヒカ大統領スピーチより)