LEAN STYLE in ニューヨーク

30代、NYで働く私なりのミニマムで自由な生き方、リーンスタイル

「似合う服」の3大要素でお気に入りクローゼットを作る。

Sponsered Link

似合うファッションの3大要素

f:id:authenticlife:20160512080434j:image

これまで感覚だけで楽しんでいたファッション。ブログを始めて、ちょっと理論的に考えてみたい今日この頃。こんにちは、マギーです。

 

さて、昨日の記事の続き。

「似合う」と自分らしさについて〜全ての花は比べられず美しい〜 - LEAN STYLE〜リーンスタイル〜

 
ファッションを選ぶための3大要素、それは、
色、カタチ、素材です。
 
色はいわゆるパーソナルカラー診断などで肌や髪の色などから似合う色があると言われています。
カタチや素材は骨格スタイルという考え方が広まってきていますが、ロジカルでわかりやすいです。

「似合う理由」を掴んでおく

オシャレが好きでもそうでなくても、服は毎日着るもの。ファッション大好きな人もそうでない人もお金や時間をかけずにもっとオシャレを楽しめるはず。
 
そこで考えておきたいのは、「なぜこの服は似合うのか?」「なぜ似合わないのか?」という理由を掴んでおく。
 
これが次からの洋服選びで失敗しないコツだと思います。
 
その時に色、カタチ、素材の観点で似合うかな?と考えてみるのがオススメです。
 
自分の体の特徴も含めて日頃から理解しておけば、買い物にも迷わなくて済みますし、試着しなくてもおおよその見当がついたりするととても楽ですよね。

私に似合うを探る 

似合う色×カタチ×素材の3つが揃う、鉄板コーデを見つけたり、レースなら部分使いが似合うかな、レザーなら全身でもOKね、ニットは目の詰まった固めの素材よりふんわりしたモヘアの方が似合うわ、といった素材と自分とのマッチングを見つけた時、オシャレがすごく楽しくなったのを覚えています。
 
そしてどんなに似合う、楽チンスタイルだとしても手持ち服全体が単調にならないためにも、バランスよくこの3つをブレンドするとワードローブに奥行きが出てきます。
 
この3大要素は小物やアクセサリーにも活用出来ます。ぜひトータルバランスでお気に入りクローゼットを作って行きましょうね!