LEAN STYLE in ニューヨーク

30代、NYで働く私なりのミニマムで自由な生き方、リーンスタイル

持たない日帰り温泉には、楽しい時間だけあれば良い

Sponsered Link

日帰り温泉に行って来ました

週末に友達と日帰り温泉に行ってきました。積もる話と日々の疲れを解きほぐすため、家から公共の交通機関でサクッと行ける所で、マッタリしようという目論見です。
 
昼過ぎに集合のため、朝起きて家のことなどを済ませ、「さぁ、支度でもしようかな」と思ったらふと気付きました。
 
「必要なものってある…?」
 

以前の私

以前の自分であれば、日帰り温泉でもシャンプー、リンス、スキンケア、化粧道具、替えの下着などをしっかり準備して行きました。帰りの電車のことや、途中で寄り道して帰る可能性、湯上り後にゴキゲンにシートマスクでもしようかなとか色んなことを考えて荷物を作るのが旅行や移動のもはや定番でした。
 

こだわりを持たない

モノを減らしてからは、特に旅行や移動のときには極力こだわりを捨てるようになりました。今回の荷物もiPhone、充電器、お財布、キーケースなどのいつも持ち歩くもの以外に用意したのはメイク落とし1包、サンプルのBBクリーム、アイブロウペンシルだけでした。下着は着替えてから行き、基礎化粧品は温泉にあるのでも良いかと割り切ったら、別に何も用意するものは要らないんだなぁと身支度のなさに呆気なく思うとともに、時間も得した気分です。
 
メイク落としだけは、備え付けがオイルクレンジングだとまつ毛エクステが取れるので持つことにしました。
 
癒されに行くのだから、準備不要、現地でもなーんにもせずただお喋りに花を咲かせるだけで充分なんですよね。
 

楽しい時間があれば良い

結局、昼過ぎに現地に着き、温泉にビールにお昼寝までして、幸せなひと時を過ごせました。仕事に家庭、老後、今年の旅行計画、夏フェスどうする?とか言いながら、ゆるりと過ごす楽しい時間があれば、必要なものはそう多くないなぁと気付かされます。
 
ちなみに人と会う前はいつも凄く楽しみで、頭の中で「あれ話そう、この事を聞こう!」と沢山頭の中でシミュレーションしています(笑)
 
これまで買い物に費やしていた時間、出掛ける前の支度にかかっていた時間が、近頃では毎週会いたい人に会える時間、楽しいときを想像する時間に変わっていることがとても嬉しい今日この頃です。