LEAN STYLE in ニューヨーク

ミニマリスト主婦の単身NYライフ。自由な生き方、リーンスタイル

【間取り公開】狙いは夫の汚部屋、新たな断捨離に着手したい!

Sponsered Link

捨てたい衝動

 昨日、捨てたい衝動が湧いたという記事を書いてから、改めて我が家の間取りとモノが集まっている場所を見直してみました。

我が家の間取り事情

現在、私の住む賃貸マンションは2LDK、約58㎡です。一人暮らしには十分な広さです。それ以前は夫婦2人で75㎡の部屋に住んでいました(夫婦ともに、かなりマキシマムだったので)。 

3年前に、夫が単身赴任でいなくなったのを機に、少し手狭な場所に引っ越してきたのが、今の部屋。当時は私のモノだけでも相当な量がありました。

 

 

今ではモノを減らし、正直もう少し狭い部屋でも良いなと自分の中では思っています。
ただ実は、1部屋だけ結構大変な状況です…。

3年使っていない夫の部屋問題。

f:id:authenticlife:20160412013605j:plain

間取りをざっと絵に描くとこのようになります。そうです、「夫の部屋」が存在します。年に4回しか帰ってこないのに彼の部屋があるのです(私の部屋はないので私物は居間と寝室に保管)。もっというと近くに月極やコインパーキングがないため、夫が帰省する時用の駐車場も年間を通して借りていますし、マンション付属のトランクルームもほぼ夫のモノで埋まっているという状況です。コスパが悪いのは承知です。
 
断捨離において、家族のモノは勝手に捨ててはいけないという話をよく耳にします。私も勝手に人の部屋に入ったり、モノを見たり捨てたりするのは、気が進みません。週に1〜2回掃除機を出し入れしたりちょっとした用事で入る程度です。
 
でも、はっきり言って相当凄いです…。汚部屋です…。
平均的なミニマリストさんブログのビフォー写真を軽く凌駕しそうです。 
 
以前、タンスを処分した部屋がまさに夫の部屋でしたが

 

authenticlife.hatenablog.com

 なにせ、記事にも書いた通り、夫の音楽機材、ジャズのCD、絶版の全集、下着や服もいくつかあり、サブカル好きには魅惑の空間!なのですが、どれもまともに収納におさまっていません。年代物のアナログシンセサイザーは5〜6台ありました(「生産中止でプロも使用している、1台10万円以上する、もう手に入らない、宝物」と言われると私何も言えない)。

 

…と、こぼしつつ私の所有物もうっかり紛れており、まだ捨てられるものがありそうでした。

3年住んでいない部屋のモノを覚えているのか

素朴な疑問ですが、「3年も住んでいない家で、自分の所有物を覚えているのか?」ということ。私なら昔、実家に置いていたモノも3年経った頃にはすっかり忘れていました。彼には彼で、赴任先の1LDKの部屋がありますから、大切なものはそちらに移っているはずです。第一、人に見られたくないもの、大事なものなんて、妻の住む家に保管しているはずありません。
 
そう考えると実はあったことも忘れているモノが多いのでは?そういえば前回、タンスを処分しても意外と平気だったし…と家族部屋の片付け着手に勇気が湧いてきました。
 
放っておくのは簡単、自分のモノじゃないから知りませんとするのも簡単、でも家全体をもっと心地よくして、家族単位でのモノの総量を減らすことに前向きに取り組みたいと思う気持ちが出てきたのです。誰もいない部屋が何年もあるのは勿体無い。
 
GWの帰省を前に、確認しながらざっくり整理してスッキリさせてしまおうという新たな断捨離目標。上手くいけば、もうすこし小さな部屋にだって引っ越せるかもという夢を持って、着手していきます!