LEAN STYLE in ニューヨーク

ミニマリスト主婦の単身NYライフ。自由な生き方、リーンスタイル

上質なお買い物バイブルは、いつだって「ソニアのショッピングマニュアル」

Sponsered Link

素敵なもの、銘品・逸品の見つけ方

f:id:authenticlife:20160325013024j:image
 
「お気に入りのものに囲まれて過ごしたい」
 
そんな時、これから長い年月をかけて使い続ける逸品、皆さんはどうやって選んでいますか?
 
シンプルライフ系のブログ、はたまたスタイリストやライフスタイルコーディネーターの書籍、雑誌の特集など色んな手段がありますが、私にとって一番初めに思いつくのは「ソニアのショッピングマニュアル」。この本は、本当に好き。
 
もう新品では売られていないので手放せない一冊。
 
人気スタイリストさんのソニアさんがお気に入りの逸品をエピソードとともに紹介する本でシリーズは3冊出ています。特徴的なのはカルティエの時計、クリスチャンルブタンのパンプスといったラグジュアリーなものから、リコーのカメラGR1、有次の包丁、伊佐美の焼酎にシャンパンまで、とにかく幅広いセレクト!
 

 どことなくメンズライクでワイルドな審美眼や、モノにまつわる話がどれも魅力的で、何気なくページをめくるのも楽しいのです。

ONもOFFも、外見も中身も、おしゃれに豊かに暮らしたい。そんな本物志向の女性に贈る、最新版にして永遠の、お買い物バイブル!(表紙より)

ショッピングマニュアルとの出会い

先日の記事で30歳の頃、カワイイ自分と決別したと書きました。 

authenticlife.hatenablog.com

20代はとにかく可愛いモノが好きで、お財布はルイヴィトンの白マルチカラーを愛用し、アクセサリーはデザインよりもブランド重視。カバンはロゴが入ったものを選ぶなど「わかりやすいモノ」に惹かれていました。「カワイイ」の記号に当てはまるものが欲しかったんです。

 

でも、30歳を過ぎ、わかりやすい「カワイイ」と決別した時、「本当におしゃれなものとは?上質とは?」というのが難しくて混乱する時期がありました。そんな時に手にしたのがまさにこの本だったんです。

永遠の定番

この本の初版は2004年で、新装版は2007年のものです。私が購入したのは2013年(Amazon購入履歴で確認)。その時点で初版から9年経過しているのに、全く古びれていないんです。そして2016年の今見ても色あせない。これって自分の好みと本当にマッチしてるんだなと実感します。
 
自分の定番品もアップデートしていくように、世の中の定番品も次々と移り変わります。流行に流されず、長い目で見て納得できる買い物をしたい…そう思う時、人生の先輩、それも趣味の合う人のレコメンドは本当にありがたいもの。さらに読み始めた当初は興味のなかったものが、年月とともに魅力的に思えるのも楽しみの一つです。

ソニアさんのお勧め品

この本に掲載されているものは好みが分かれるかもしれません。2007年時点でこれらを書籍で紹介するソニアさんは、先駆けていたと私自身は感じるものがあります。
 
・マルタンマルジェラの足袋ブーツ
・マーガレットハウエルのジャケット
・ドレステリアのハイゲージニット
 
 

・モレスキン、スマイソンの手帳

・メゾンピアソンのヘアブラシ

・リーデルのワイングラス

1冊に100個のアイテムが掲載されているので、ランダムにチョイスした上記10個。趣味が合いそうな方はお気に入りが見つかるかもしれませんね。 2冊目もちゃっかり所有していますので、今度また紹介しますね。

▼ブランド品を安くGETできるサイト

ユーズドブランドをお得に購入!【SIFQUE(シフク)】