LEAN STYLE in ニューヨーク

30代、NYで働く私なりのミニマムで自由な生き方、リーンスタイル

骨格診断&パーソナルカラー診断体験レポート!服にお悩みの方に読んでほしいポイント。

Sponsered Link

骨格診断&パーソナルカラー診断を体験 

http://www.flickr.com/photos/93965477@N02/9841402036

photo by goMainstream

先日、骨格診断&パーソナルカラー診断を受けてきました。今まで自己判断で、好きなファッションは我が道を行きたいタイプだった私。

 

ブログを始めてから読者の方のお悩みに触れる機会も多く、改めてプロの方にきちんと聞いて説明を受けたいなと思っていたんです。

 

結果としては、大満足の2時間半でした!

 

どんなことをやったの?どんな効果があったの?など、興味のある方の参考になればと思い、レポートします。

 

診断をしてもらったのはオーロラカラーズさん

札幌・色の専門家 AURORA COLORS ‐オーロラカラーズ‐

〒064-0803 札幌市中央区南3条西20丁目2-3 ARMS220-102号室
TEL&FAX: 011-616-3334

代表の松村さんはすごくやさしい雰囲気の女性で、色の専門家の名の通り、色んな質問(ダジャレではないですよ)に的確に答えてくださいました。美味しいお茶やお取り寄せのお菓子をいただきながら、和やかにお話をしたりして診断してもらいました。

私が受けたコースをご紹介

パーソナルスタイルトータルセット【スペシャル】2時間半 21,600円

パーソナルカラーと骨格診断を同時にできるスペシャルセットです。私の場合は自分の骨格は明らかにウェーブで、似合う服、好きな服はおおよそ把握できていると思うので、カラーを中心に説明していただきました。

パーソナルカラー診断とは…

自分自身を自分らしく、本来持っている魅力を引き出して輝かせてくれる色
似合う色の発見は、あなたをより自分らしく魅力的に成長させ、心もキレイに豊かにしてくれるはずです。
自分に似合う色を身につけることで、イメージアップに繋がったり、そこから自信が生まれ、心のゆとりにもつながっていきます。(AURORA COLORSさんHPより)

 パーソナルカラーには、 大きく分けて、スプリング・サマー・オータム・ウィンターの4タイプがあります。

 

肌や目の色などから判断する為、診断の日にはアイメイクやリップメイク、色のついたコンタクトなども避けるようにとアドバイスいただき、素の自分で伺いました(BBクリームは塗っていきましたが、本当はすっぴんの方が良いそうです。) 

様々なカラーの布を当てて、顔映りをチェック

http://www.flickr.com/photos/53202064@N04/6031733505

photo by kawa0711

 鏡の前に座り、様々な色の布を当てて顔映りをチェックしてもらいます。普段、モノトーンばかりの私にはカラフルな服は新鮮。似合う色のストライクゾーンが狭いので、黄色なら蛍光色のようなレモンイエロー、ピンクならパステルよりもヴィヴィッドな濃いピンクやアイシーなピンク(白に近い薄い色味)といった具合に、具体的に似合う色を教えていただきました。

診断結果はウィンター

診断結果はウィンターでした。以前、黒やモノトーンが似合うのは「ウィンター」とこちらの本に書かれてあったので、自分のワードローブ選びが間違ってない気がして嬉しかったです。

 

▶︎黒&モノトーンなコーデ記事

1年中大活躍!黒ワンピース1枚で着まわし5コーデ。春も少ない服でオシャレしよう♪ - 人生のひとコマ号

続・たった9枚で!綺麗めモノトーンな8日間着回しコーデ - 人生のひとコマ号

 帰りにはウィンターに似合う色を集めた小さなカラーサンプルブックを頂きました。これ、すごく可愛いし便利♡

 f:id:authenticlife:20160319220717j:image

 

パーソナルカラー診断のココが良かった!

その1:メイクの悩みを解消

服を選ぶときは黒、白、紺、グレーなどが多いので色選びで迷うことはあまりないのですが、実はメイクの色選びは結構迷っていました。

 

20代は「婚活リップ」と言われる、エスティローダーのピュアカラークリスタル01や、苺ミルクのようなYSLのヴォリュプテを愛用していましたが、30代になり「今までと同じピンクで大丈夫だろうか?もっと落ち着いた色味の方が良いかも?」なんて悩んでいたんです。

 

結果的には、青みピンク系が似合うとのことで、年齢とともにコーラルっぽいピンクにシフトしようと思ってましたが、帰りに早速青みピンクのリップを買いご満悦となりました(笑)。他にもアイシャドウや、アクセサリーの色選びも相談できました。

その2:ヘアカラーの色合わせが楽しい

私の髪色はアッシュ系ブラウンのベースに明るめのハイライトを入れています。染めたてはとても良いので気に入っているのですが、時間がたつとハイライトがどうしても明るい黄色味を帯びてきてしまうのが悩みでした。

 

今回、ヘアーサンプルで似合う髪色も見てもらったところ、黄味感の少ない色味があうとのことでした。似合うカラーパターンを写真に収めたので次回美容師さんに相談してぜひ活用したいです♪

 f:id:authenticlife:20160319212009j:image

 その3:似合うカラーの順位表がすごい

今回、自分に似合うベストカラー・ベターカラー・バッドカラーを3段階の順位で記したものを紙とデータで頂きました。

f:id:authenticlife:20160319222056j:image

これをもらってから、嬉しい変化が!

 

例えば、こんなシチュエーションってありませんか?

 

「お店で見つけた素敵なニット。素材も襟ぐりも着心地もよさそう。色は黒、白、青、ピンクの4色展開かぁ。黒はすでに持ってるし、白いボトムスに合わせたいから、買うなら青かピンクかな?」

 

この時、青かピンクの大きな2択で好きな方や似合う方を選んでしまいがちですが、カラーの優先順位がわかるとこんな心理が芽生えました。

 

「この青は数ある青の中で、自分に似合う青色か?このピンクは、数多あるピンクの中で私の肌を綺麗に見せてくれるピンクだろうか?」

 

青色ニットが3色も4色も売っていればその中から好きな青を選ぶけれど、 ひとつしかない場合は、選択の余地がないんですよね。ブランドやメーカーも青だけで何色も大量に生産するわけにはいきません。こんな時に、自分自身の似合う青・好きな青がパッと目に浮かぶと迷いが減りますよね。

 

服だけでなく、小物選び・和服やパーティー服選びなどいろんな場面で色を選ぶシーンは結構多いので、大げさにいうとこの先一生、迷う時間が短縮されたような気がしています^^*

 

長くなりましたが、次回は骨格診断についてレポートします。