LEAN STYLE in ニューヨーク

ミニマリスト主婦の単身NYライフ。自由な生き方、リーンスタイル

【私物公開】35歳のシンプル&リッチなCartierはカワイイ自分との決別品。

Sponsered Link

お洒落で素敵なブロガーのお友達ちわ (id:chocolatecoffee)さんが、先日「SIMPLE RICHな生活」というブログのカテゴリ(トラコミュ)を作られたので、私もSIMPLE RICH について考えてみました。

▼ちわさんの素敵なブログ

www.chihua.jp

 

▶︎SIMPLE RICHな生活とは?

本当に気に入ったものだけを手に入れて暮らす、シンプリストだけどミニマリストじゃないライフスタイル。(ちわさんの日本ブログ村サイト紹介文より引用)

 お気に入りに囲まれたシンプルな暮らし…女性なら憧れる方も多いと思います。

 

以前は「ボーナスで買いたい予算別一生モノ!」「一流のオンナになるための銘品♡10選」といった雑誌の特集はチェックせずにはいられなかった私です。

 

年々環境や生活スタイル、趣向が変わるとお気に入りも移ろいゆくから「一生モノ」って難しいけれど、今の自分にとって「この先も手放す予定のないモノ」ってなんだろう?と振り返り思いついたのが、30歳の誕生日に夫からもらったCartierのネックレスでした。

30歳の誕生日祝いを節目に…

f:id:authenticlife:20160313130459j:plain

 今思えばなぜか30歳の誕生日は、すごく節目な気がして「この先長く大切にできるものがほしい」と強く思っていました。

 

我が家はお互い共働きですので、はじめは自分で買おうと思ったのですが、夫が記念にと買ってくれました(毎年高価なプレゼントをもらっているわけではありません)

 

年齢を重ねるにつれて、首元のジュエリーは大振りのもの、輝きが強いものでないと存在感が出にくく下手をすると地味な印象になるためスキンジュエリーは一生モノにはならないという噂を耳にしたりもしましたが、重ねづけもできるので今の所、重宝しています。

 

そして20〜30代女性のネックレスというとティファニーのバイザヤードに代表されるダイヤモンドの方が定番ですが、私はあえてピンクサファイアのネックレスを選びました。ピンクの輝きに目を奪われたのには理由があります。

カワイイ自分をネックレスに閉じ込めて

f:id:authenticlife:20160313130439j:plain

もともと私の20代はカワイイモノに目がなく、部屋にはブリトニースピアーズのポスターを貼り、パリスヒルトンに憧れ、キューティーブロンドの世界感に浸るのが大好きでした。

 

ピンクのダウンにミニスカートに白のブーツで会社に行くという世間的にかなり痛い感じでしたが、和顔で日本人体型でも好きなものを好きでいることに罪はないと思っていました(ちなみにキューティーブロンドは、派手な金髪のヒロインが可愛いけどそれだけじゃなく、男を見返すために一念奮起してハーバード大法学部に合格する、という所が好きです)

 

 

しかし、ライフスタイルとのギャップ、夫のファッションとのバランス、30歳という節目を前に、私はラブリーな世界観と決別するかどうか悩みまくりで、最終的にピンクサファイアのネックレスに自分の「カワイイ」を全て閉じ込め、心の中に閉まっておくことにしたのです。

「カワイイ私、グッバイ!」

こう決めて、それからはカワイイの役割はネックレスに任せ、リボンやフリル、ビジューの効いたパステルで甘いテイストの服から、辛口モノトーンを意識したファッションに加速していきました。

 

会社の20代のカワイイ後輩に「先輩、いつも黒を着てますね、カッコイイ系ですね」と言われると(かっこいいかどうかはさておき)、「カワイイ私にグッバイしたのよ」なんて言っています。

 

ピンクでキラキラなネックレスを見るたびに、心の中がキュンキュンする。今はそれだけでとても幸せです。