読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LEAN STYLE〜リーンスタイル〜

ムダのないスタイル。そして一歩を踏み出す。

LEAN STYLE

LIFE,STYLE,FASHION,CULTURE,HOME...

シンプルに生きたい。今日こそ1つの願いを。

除夜の鐘は煩悩を除すためのもの

 

http://www.flickr.com/photos/71078118@N00/2163815552

 

photo by Joel Bedford

 

除夜の鐘が108回なのは人間の煩悩が108あるから、四苦八苦(4×9+8×9=108)を取り払うためなど諸説あるようです。

 

改めて「煩悩」とはなにか、調べてみました。

 

煩悩とは…

煩悩とは、仏教の教義の一つで、身心を乱し悩ませ智慧を妨げるの働き(汚れ)を言う(Wikipediaより)

 

そして、煩悩の根本には「三毒」があるようです。

 

三毒とはなにか

仏教において克服すべきものとされる最も根本的な三つの煩悩、すなわち(とん・じん・ち)を指し…(中略)、三毒は人間の諸悪・苦しみの根源とされている(Wikipediaより)

 

そして、おおよそ次のような意味であると書かれてありました。

むさぼり(必要以上に)求める心

怒りの心

真理に対する無知の心

 

私自身、何かを成し遂げようと野望を抱いたり、一時的に自分を発奮されるために、こうした強い力に頼ることはこれまで何度もありました。

 

「三毒を追放してハッピーになろう!」というのは簡単だけれど、そう上手くはいかないことも勿論あります。難しいからこそ座禅や瞑想やヨーガといった色々な手法で人はその境地に達したいのです。

 

シンプルに生きること

http://www.flickr.com/photos/38200010@N08/11565221176

photo by taufuuu

 

私にとって、シンプルに生きるというのは、「部屋に何もない」とか「いつも掃除が行き届いている」とか「心穏やかな毎日」だけではありません。

 

三毒や煩悩がなくなれば幸せなのかもしれませんが、まだ知らない何かに期待し、ワクワクしたり、時には貪るように情報を集めたり、誰かと感情をむきだしに共有したい時もあります。

 

極端に例えると「無人島でひとりぼっちで生きていくこと」と「シンプルに生きること」は、圧倒的に違うのです

 

今年を振り返った時、出会いや始まり、挑戦などを通して改めて感じたことは、色んな人や環境、社会があってこそ、自分は生きているんだなという気づきでした。

 

夢、野望、葛藤、上等。

 

でも今日くらいは「自分以外のすべてに感謝して一年を締めくくりたい」

 

そんな願いを込めて、穏やかな気持ちでいます。