読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LEAN STYLE〜リーンスタイル〜

ムダのないスタイル。そして一歩を踏み出す。

LEAN STYLE

LIFE,STYLE,FASHION,CULTURE,HOME...

外食メニューは決まってますか?優柔不断は性格ではないという話

f:id:authenticlife:20151126235529j:image
※無謀にも、つっちーさんにならってイラスト書いてみました^^;

イラスト書くとアクセス急上昇!!するかもしれないよ? - 非アクティビズム。

 
<目次>

決められない「性格」

私は優柔不断です。

 
観たい映画が5本あったら全て予告をチェックしてからどれを観るのか選びたいし、それぞれの選択肢を吟味・比較して決めたいので情報量が少ないと決められない。よくいえば好奇心旺盛。でも優柔不断なんです。
 
 

優柔不断は「性格の問題」ではなかった

即決力のなさは、もはや「性格の問題」だと思っていたのですが、実はそうではないと知ったのは、こんな記事を読んだからでした。

toyokeizai.net 

「決められない」のは、決して性格のせいではない。意思決定能力に自信があるかと聞くと、日本人のほとんどはないと答える。それを表す言葉が優柔不断。確かに優柔不断を性格論としてとらえている本は多い。しかし、それは間違い。性格だと思った途端に、変えられないことになる。容易に変えられないから、心的特性を性格と呼んでいる。性格ととらえると、変えるのをもう半分あきらめたのと同じだ。そうではなくて、優柔不断を「問題状況に対処する能力が低い」ととらえることだ。能力であれば、努力によって向上もする。

 

「 対処する能力が低い」と言われると、事実であっても何だか悔しい。そりゃあ直るものなら直したい。

 

この記事によると、意思決定ルールには2つの原理があるとのこと。

 

一つは満足化原理。ある程度自分が満足できる選択肢を見つけたら、それ以上サーチをしないでそれを選ぶ。
 
もう一つは選択肢を徹底的に評価してベストのものを選ぶ最適化原理

 

株式投資の例がわかりやすいだろう。満足化原理では、株価が1割上がったらもうそれでいいとする。最適化原理では、底値で買って最高値で売るまで頑張る。この両者は遂行するのに要求される能力もコストも違う。現実は両者の中間で、どのくらい最適を残せるかだろう。

 

ミニマリストも、このバランスの比率により他者多様ですし、満足と最適の中間値でいつも揺れ動く自分にとって、何を「満足化思考」し、何を「最適化思考」するかという判断はとても大切です。

 

そして、気付いたのは、私にとって悩ましいのはいつだって「最適化原理」であって、「満足化原理」ではないということ。

意思決定トレーニング (ちくま新書)

意思決定トレーニング (ちくま新書)

 
 

突然ですが、外食でいつも頼むメニューは決まってる??

 
そういえば昔より外食メニューで悩まなくなったのは「満足化原理」を駆使してるからかもしれません。同じ店で外食する時は、たいてい同じメニュー。これで悩みがだいぶ減るんです。 
 

悩まない私のお決まりメニュー例

@スタバ
ドリップコーヒーショート(1時間未満のとき)
ドリップコーヒートール(1時間以上いるとき)
気が向いたらバレンシアシロップ追加。フラペチーノとか頼んだことない…。
 
 
@餃子の王将
天津飯(京風ダレ)+餃子一枚
ラーメンや定食よりこの組み合わせが好き。卵スープと天津飯がW卵なのはご愛嬌w
 
 
@サイゼリヤ
ミラノドリア+フォカッチャ+白ワイン
おひとりサマが違和感なく、最安で食事とアルコールを同時摂取する最強コンビ。
 
 
@ミスタードーナツ
ホットコーヒー+ハニーディップかチョコファッション
季節の◯◯系には手を出さない(本当はクリスピークリームドーナツが好き)
 
@ラーメン
とりあえず「店のお勧め」。あれば白湯ラーメン。ライスはなし。
 
@スープカレー
チキン野菜辛さ+3番前後。初めての店は、ほぼコレ。
 
 
これらが決まってるだけで、選択のプレッシャーが大幅に減ります。むやみにオロオロ、モタモタしなくて済むんです。
 
 
確かに「美味しそうなお店に行って、何を食べるか迷っている時」もすごく幸せですが、何度か行ったことのあるお店では決まったものを頼みます。
 
 
その方が楽で、ハズレが少ないから。まさに満足化原理です。
 
 
もちろん、他の選択肢を逃しているという機会損失も十分にあります。ただ、結局迷って選んでも後悔する時はする。その辺も含めて「自分の選択にいかに腹をくくれるか」ということも、問題処理能力には必要だと思います。
 
 
何でも決まり切った人生なんてつまらない!
 
 
という声も聞こえてきそうですが、悩まない分、他にある熟慮するべき物事や楽しい時間にあてるのは、決して悪くないはず。
 
 
他人の話、サイトの信憑性、自分の経験、直感など「意思決定の仕方」を意思決定する、ということが最適な解をだす上で重要だ改めて感じます。
 

選択については、 ひかるさんお勧めのこの本も面白そうです。

選択の科学

選択の科学

 

 

ということで、私は「あの店で食べるなら、アレに限る!」という外食ネタは、他人の意見を大いに参考にしてますので、いつでもウェルカムです(^ ^)/
 
んちゃ
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
にほんブログ村