LEAN STYLE in NY 〜リーンスタイル in NY〜

ムダのないスタイル。そして一歩を踏み出す。

LEAN STYLE

LIFE,STYLE,FASHION,CULTURE,HOME...

今日からデキる!苦手なヒトとの距離を縮める練習

本日の記事概要

1.人間の「悩み」は大きく分けて3つ

2.お店での店員さんとの距離感

3.苦手な人との距離感を縮める練習

 

 

http://www.flickr.com/photos/97323620@N03/12071564096

photo by Institute of Making

 

1.人間の「悩み」は大きく分けて3つ


人間の悩みは無限にあるようですが、

大きく分けて3つと、認知科学者の苫米地英人さんが本の中で書いてました。

  

立ち読みしなさい!: ?美しいほどシンプルな成功術

立ち読みしなさい!: ?美しいほどシンプルな成功術

 

 

 

 

それは、
 
「健康、関係性、経済」
 
健康で人間関係もうまくいきお金にも困らない状態、たしかにそうかも。逆に、他のことはそんなに大事ではないというミニマリスト・シンプルライフ探求者の方も多いのではないでしょうか。
 
でも、どれも重要だからこそ悩みが深いのが本音。
 特に、苦手な人との人間関係は悩みの種だったりします。
 
色んな本を読んだり、周りの人を参考に上手な方法がないかと日々頭を悩ませているんですが、1つだけ意識している「練習」があります。

 


2.お店での店員さんとの距離感


たとえば次のような状況の時、あなたは普段どうしますか?

 

Q. あなたはお店に買い物に行きました。本当はゆっくりと商品を見たいのに店員さんが、なにやら近づいてきそうです。そんな時、どうしていますか?

大抵の人は話しかけられたくないので、

*近づいてきたらさりげなく避ける。

*目を合わせず、話しかけないでオーラを出す。

*面倒だなと思って、お店を出てしまう…etc

どれもよくあるシチュエーションです。

私はこのような時、「自分から店員さんにどんどん近づくこと」を意識してます。

 

話しかけられたいわけでは決してないのですが(笑)、店員さんが近づいてきそうだなと思ったら自分から近づいていくんです。近づくだけで、話しかける必要はありません。

 

相手の存在を認識して、自分から距離を縮めている分、無防備に話しかけられるより心にも余裕があります。とにかく人との距離を縮める「練習」なんです。

店員さんはお客様の邪魔をしないようにと自然と離れてくださったりして結果ゆっくり見れたりもします^^;

 

あちらも仕事とはいえ’このお客様は話しかけられるのを嫌がっているな’’と感じると心理的に壁ができやすいですが、近づいてくるお客様にはフラットに接することができるのではないかなと思います(想像ですが)。

 

で、ようやく本題(笑)

 

3.苦手な人との距離感を縮める練習

日常の人間関係でも同じことが言えると思います。

 

心の距離感を縮めるには、物理的距離感を、自分から縮めるしかないと思うんです。

 

自分から距離を縮める、つまり先手を打つことが、少なくとも「私はあなたに対して心を開いてますよ」という表明になり、相手との心の壁が1枚取り払われる気がします。

 

相手が一歩下がれば一歩近づいてみる、話しかけられる前に話しかけてみる、挨拶は言われる前に言うなど、色んな方法を試してみる。上手くいかなくても、いちいち凹まない。(実際には凹みますが、そこはもう慣れるしかないんでしょうね)

 

初めは苦手と思っていたのに、後から親友になるなんてコトも過去にはあるので、苦手な人とのコミュニケーションが極力スムーズにいくよう、店員さんを実験台にw

 

自分から近づく練習、日々楽しんで実践していきます。

んちゃ 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村