LEAN STYLE in ニューヨーク

ミニマリスト主婦の単身NYライフ。自由な生き方、リーンスタイル

【査定公開】ブランディアの買取査定額の結果とまとめ

Sponsered Link

 
 
1.査定結果公開
2.買取査定のポイント
3.手放した感想
 

1.査定結果を公開

売ったお品はこちらです。
f:id:authenticlife:20150903081347j:image
f:id:authenticlife:20150903081351j:image
 

 スクリーンショットに入りきらない品もありましたが画像がほぼ全て。これらはいつか処分しようと、数年間クローゼットで放置プレイしていたモノ。今とは好みが違うので、未練はありません。 

 
ブランディアのマイページには自分の売った商品の行方も書かれていて、既に幾つかは他の人の所に旅立ったそうで、使ってくださる方がいるのは嬉しいですね。
 
私よりも大切にしてくれる、
素敵な人の元に届くことを願ってます!
 
…ということで、査定結果。
 
 
f:id:authenticlife:20150903081412j:image
 
f:id:authenticlife:20150903081418j:image
 
うっかり安すぎる査定の品を幾つか返却してしまいましたが(後日別サイトに買取依頼した)、総額16,020円となりました(^0^)/
臨時収入は東京旅行で楽しく飲んだり食べたりして有効に使いました↓

authenticlife.hatenablog.com

 

では、買取査定の際に気付いたポイントも見ていきます。

2.買取査定のポイント

 
*他店で断られても諦めない!
 
ルイヴィトンのお財布は以前ハードオフでは買取不可と言われていました。理由はマルチ柄の一部剥がれや内部ステッチのほつれが基準に満たないこと。箱、保証書もあり、20代当時パリで奮発して買った思い入れのあるもので、捨てるに捨てられずなんとなく仕舞ったままだったのです
 
他店で売れずにガッカリして眠らせていたモノが、今回3600 円で買取となりびっくりです。買取査定基準は店舗によりピンキリということを知り勉強になりました!
 
 
*似合わない、着ないなら早めに処分!
プラダのコートは母にもらったのですがサイズがいまいち合わず、殆ど着ないまま「いつか着こなす!」と意気込んでは捨てられず…で何年も肥やしにしてました。5100 円で売れるならもっと早く手放せば良かったです。売るならそのアイテムの賞味期限の残ったうちのほうが、次に手にする人も嬉しいですよね。
 
 
*ブランド品の買取コスパは開きが大きい
ヴィトンやプラダなどはやはり比較的買取りに強く値崩れしにくいですが、コーチ・アンテプリマ等の価格帯だと売るのは少しコスパが悪いかもしれません。コーチだと大体購入価格の3%位の査定となってます。
 
*時計は電池が入ってないと動作確認できないので買取されない。
当たり前といえば当たり前ですが、気付かなかったので勉強になりました。さすがに100円は悲しくて返却してしまいましたw
 
 
*相場や利益を逆算して納得できればOK
買取価格がいくらなら納得できるか?は難しい問題です。
 
個人的な見解ですが、アパレル関係のリサイクル商品は状態が良く年数が浅くてもせいぜい定価の2〜3割が売る側、買う側のボーダーラインかなと思います。売値の10%で仕入れるというリサイクルショップの期待を逆算すると、大体こんなイメージで価格を想像してます。
 
例)定価10000円の服
→美品でも2000円〜3000円が売買のボーダーライン?
→在庫管理、商品調達、査定人件費、利益等で店舗側にて90%は欲しいところ
→つまり買取価格は200〜300円が良い線か
※完全独断で、オークションやリサイクルショップなどで感じる印象です。
 
自分の中での査定予想額は、この商品を「売るならいくら?」又は「買うならいくら?」の10%程度と見積もっています。あとは商品の状態や付属品有無、旬のブランドか、トレンド・季節感等で判断されるのかなと思ってます。
 

3.手放した感想

 
・クローゼットが広くなった♡
・オークションよりだいぶカンタンで楽ちんだった。
・ブランド品は一生売らないくらいの愛着がないとコスパは良くない。
 
一生もののブランド品って、ほんとーーーに少ないと思うので、もし次に買う時は良く吟味して買おうと誓っています。
 
まだ愛着があり捨てられないモノもありますが、お気に入りの大切なものを、きちんと管理して所持出来るなら、量を減らすことにこだわり過ぎる必要はないと思ってます。
 
それらを手放した時には自分を更に好きにさせてくれる、もっと素敵な出会いがあると嬉しいです。
 
家で眠らせておくほどお互いに悲しいことはないですもんね。