読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LEAN STYLE in NYC 〜リーンスタイル in NY〜

ムダのないスタイル。そして一歩を踏み出す。

LEAN STYLE

LIFE,STYLE,FASHION,CULTURE,HOME...

「タイプ分け診断」でコミュニケーションの新しい切り口を探そう!

 

http://www.flickr.com/photos/21475518@N00/5475279815

photo by jamjar

 

コミュニケーション、皆さん得意ですか?

 

過去記事の偏愛マップは自己分析と同時に、自己表現の手法としてコミュニケーションの切り口に使えます。

過去記事:「偏愛マップ」を作ろう!作ったら見えてきた確信と期待。 - Simple&Authenticに生きる

 

前回記事は「物事の見た目と本質は必ずしも一致しない」と言いたくて、人との関わりの中でもこれは忘れてはいけないと思っています。

過去記事:知ってる?「チャンスはピンチの顔をしてやってくる」というコト - Simple&Authenticに生きる

 

で、今回勝手に3部作のまとめ。

 

「タイプ分け診断」!

 

これは私が仕事でコーチ・エイという会社のコーチングセミナーを受けた時に知ったもの。

コーチ・エィ(COACH A) 日本最大のグローバル・コーチング・ファーム

 

簡単な自己診断テストで考え方や行動パターンを以下の4つのタイプに分類します。

 f:id:authenticlife:20150829131433p:image

f:id:authenticlife:20150829131441p:image

f:id:authenticlife:20150829131457p:image

f:id:authenticlife:20150829131500p:image

 

仕事は勿論、友人関係や子育てにも応用できる優れモノです。無料だし、5分もかかりません。

「タイプ分け(簡易版)」診断テスト - Yahoo!ニュース BUSINESS

 

私の場合はこのようになりました。

f:id:authenticlife:20150829131648j:image

 

普段、理論ぶった話をしてるので意外に思われることもありますが、内心ではお調子者の一面もあります(笑)

 

具体的な活用方法

①自分の性質を理解し、他のタイプとの違いに気付く。

例えばプロモーターなら、面白そうな話には喜んで飛びつきたいのですが、アナライザーにとっては慎重に吟味してから判断したいもの。それぞれのタイプに違いがあり、それぞれに良さがあることを理解する。良い悪いの二択にしない。

 

②周囲と診断結果を共有する

周囲と共有すると楽しさ倍増です。社内でこのテストを受けてない人にも勧め、皆で診断結果を共有しました。すると、あの人は実は「コントローラー」なのね、とか「アナライザー」な一面もあるなら今度、あの仕事をお願いしようかな、とお互いの知られざる一面や改めての魅力に気付くきっかけになりました。

 

有料アプリでは「友人のタイプを知る」なんてこともできるようです。

タイプ分け(Communication Type Inventory)

タイプ分け(Communication Type Inventory)

  • Coach A Co., Ltd.
  • 教育
  • ¥1,200

 

 ③タイプをふまえて行動する

セミナーで講師の方に習ったこともふまえて、こんな活用法があります。

 

・人を褒める時

コントローラーは褒める時「すごい!さすが!」という漠然とした言葉では全然響かない上に、むやみに褒めると「裏がある」と感じる人もいるそうなので「文書に無駄がなく内容がとてもまとまっているね!」といった具体的な褒め方を意識します。逆にプロモーターは「やるじゃん!」とか「それ新しいねー!」みたいな超ざっくりした褒め方でOK(笑)

 

・何かを企画する時

アナライザーには問題提起し「原因分析」をお願いする(企画も司会もと全部お願いすると負担感から難色を示されることがある)。サポーターには、どんなメンバーや時間帯なら参加しやすいか、企画する上で気付きにくい配慮など細やかなことをチェックしてもらう。具体的な実行策はコントローラーに任せる(細かに指示せず、問題とゴールを伝えて考えもらう)、プロモーターには広告塔になってもらい人を集めたり、斬新なアイディアをもらう。

 

・お願いする時

一番お願いを聞いてくれるのは、サポーターなので相談する時はサポーターに。アナライザーには理由、根拠を説明した上でお願いする。コントローラーにはお願いすることであなたにこんなメリットがありますよと添える、間違ってもアナライザーやコントローラーに「今晩空いてる?」とか唐突に答えづらい質問を投げないwプロモーターにはお願いの楽しい側面や、あなたにこそお願いしたいと強調する。

 

④知恵をもらう

自分自身のタイプを理解するということは欠点も理解するということ。現状突破には同じタイプの人よりも、違うタイプの人にアイディアや知恵を分けてもらうことが効果的だと思います。

 

以上、これ見て打算的と感じますか?(笑)

 

ぶしつけにお願いしたり指示するより、相手の考え方や得意分野に配慮して話をするのは、お互いにとってメリットがあるし、Win-Winかなと思います。

 

勿論、誰もが完全なる4タイプにピタッとはまるわけでなく、実際にはそれぞれのタイプが合わさっているし、面白いのは人数や構成メンバーによって、人は自分の持っているタイプのウェイトを微調整したりするものだそうです(確かに友人といる時と会社にいる時ではキャラ変することってありますよね。)

 

そんなにうまく行かないわ!ということもありますが書籍にはもう少し詳しく説明がなされてます。一つのコミュニケーション手法として診断テストを参考にしてみてくださいね。

 んちゃ

熱いビジネスチームをつくる4つのタイプ―コーチングから生まれた

熱いビジネスチームをつくる4つのタイプ―コーチングから生まれた