LEAN STYLE in NY 〜リーンスタイル in NY〜

ムダのないスタイル。そして一歩を踏み出す。

LEAN STYLE

LIFE,STYLE,FASHION,CULTURE,HOME...

【私服公開】柄シャツとはコミュニケーションツールである

  

シンプルとかミニマルとか言っておいて

 
今更言い出すのがためらわれるのですが…、
 
変な柄のシャツが好きです。
  
 
少し個性的な服の方が平凡な自分と相性が良いのかもしれません(文字にすると中二っぽいけど…)。
 
 
「オシャレはシンプル」という無敵の方程式を手に入れてから、いつしか手持ち服の約7割が黒系になり、うっかり自己主張し忘れ、ただのいつも黒い服着てる人」になる私。たまに着る変な柄の服が自己表現、ちょっとした印象づけに役立ちます。
 
 
「柄シャツは立派なコミュニケーションツールである。」とここに断言したいので、敢えての柄モノ投入!に意欲的な方の為に(?)、私服公開と共にご紹介します。 ※以下、あまりシンプルライフの参考にはなりませんw
 
 

1.最愛シャツ

 
f:id:authenticlife:20150824220424j:image
 
シンプソンズが好きです。舞台のルーツはポートランド、パパは原発に勤務…なんて先見の明があるとしか思えません。
 
 
このシャツを着て、都築恭一氏のイベントに行ったら隣の席の男性に褒められ、お喋りしました。モテ服を着ても男性から「そのワンピ可愛いね~」と急に話しかけられる可能性は極めて低いので、柄シャツがコミュニケーションツールとなる成功例です。
 
服に書かれた文字とその人のアンビバレントな雰囲気にギャップを覚えたり、アイロニカルなパロディーにグッと来たり、個性と柄に生じるなんとも言えない違和感が人を印象づけたりするもんです。
 
そしてそういうことを楽しめる大人になりたいもんです。
 
ちなみにこれは台湾の路上で1700円位で購入。もし植田まさし先生の了解が得られるなら、コボちゃんの柄違いシャツを自作してアジアの路上に神風を吹かせたい。

コボちゃん 2015年6月 (読売ebooks)

 

 2.会社に着ていくギリギリな柄シャツ

 f:id:authenticlife:20150824235301j:image
 
これに黒ジャケット+黒パンツで何食わぬ顔で会社に行ったら、あまりの犬の数(わかりますか?)にさすがに「え、コレ…い、犬ですか…?」と言われます。そこから会話をどれほど盛り上げるかが腕の見せ所なのですが「コレって何犬ですかねー?」と聞かれて、犬種に詳しくないので口ごもるというパターンが数回あり、ツールとしてはまだ未完成です。
 
例えば、猫好きが猫柄の服を着てたら、あっという間に皆仲良くなりそう。自分を象徴するシンボリックなものを表面化させると、人と繋がる力が加速的に増えていったりします。これは柄に留まらずスタイルそのものにも言えそうですね。
 
 

3.パッと見は無地なシャツ

 f:id:authenticlife:20150825000124j:image

 これは実はまだ買ったばかりですが、襟の雰囲気から博愛主義な人や手塚修虫の「火の鳥」が好きって人から声をかけてもらい、手塚ワールドについて語り合いたいです。
 
服が語る時、自分が語らずとも何かを察してもらえると有難い。
 
 
以上の通り、個人的経験では総じて柄シャツを着ることで、
・話しかける前に話かけてもらえる(どこで買ったの?珍しいですね等、服が話題を提供してくれる)
・「暗い人」から「うっかり明るい人」に見られるという素敵な誤解を得る(と思う)
・人混みで見分けやすい、記憶に残りやすい
といった効果があると思います。
 
 
ただし、コーディネートに悩むと面倒なので、1シーズンに1~2枚もあれば十分でしょうw
 
 
現代社会はいかに早く視覚的に情報を掴み・与えるかの時代。’アイコン・記号を背負って出かけることはあなたの個性を引き出すことに一躍買っても利害なし!かもしれませんよ。クローゼットに1枚、パンチの効いた敢えての「ツール服」、投入してみてはいかがですか。