LEAN STYLE in NY 〜リーンスタイル in NY〜

ムダのないスタイル。そして一歩を踏み出す。

LEAN STYLE

LIFE,STYLE,FASHION,CULTURE,HOME...

人生を浪費しない為に…『自己投資という名の無駄遣い』をしない為の3つの方法

大人だからこそ、自己投資は自己管理

今日は日経の記事に出ていたお金の話。
 

自己投資という名の無駄遣い おひとりさまの虚栄心
家計再生コンサルタント 横山光昭

 
手取り収入18万円、家賃2万、なのに低収入で貯金ができないと嘆く30歳おひとり様女子Kさんの話を例に、お金の使い方に関する記事でした。
 
この記事を参考に、間違いだらけの自己投資をしないために
必要なことを3つ考えてみました。
 

『自己投資という名の無駄遣い』をしない為の3つの方法 

 

1.お金の費目をカテゴライズし過ぎるのは危険。

 
例えば毎月合コンに行ってその場限りの出会いを消耗し続けたら、
それは無駄遣いになる可能性が高いけれど、
自分で「コレは交際費」って決めつけてしまうと無駄遣い意識は薄まります。
 
更に、そこで良い人を見つけて彼氏をゲットしご飯をご馳走してもらった日には
「上手くいった投資」とさえ思う女子も中にはいるかもしれません。
 
家計の3分法といわれる「消費・浪費・投資」を誤ると、
とたんにお金の使い方を間違うという怖さ!
 
Kさんは初め、ほとんどの支出を投資や消費に分類していました。これでは「見せかけの3分法」です。浪費を認めたくないのと、見えをはった支出をすると、こうなるケースがあるのです。何度も問いかけながら共に取り組み、次第に「浪費」があることを認めるようになりました。こうなると、支出がスリムになってきます。(記事より引用)
 
浪費を投資や消費と錯覚する、見栄を張る、つまりお金のカテゴライズを誤るととても危険ですね。
 
「投資」か「浪費」かはその瞬間にはわからず、中長期的でないと答えが出ない側面もある為、つい結果オーライで考えたくなるという危険性もあります。
 
やはり、きちんと全体のマネーバランスも考えて浪費か投資か消費かしっかり見極めるのが重要ですね。
 

2.自己投資の際には逸失利益を意識したい

http://www.flickr.com/photos/12426416@N00/9309382957

photo by Dunechaser

 
 投資か浪費か消費か、しっかり考えた上で何かに「自己投資」したつもりでもその判断は間違うこともあります。その間違いも立派な経験ですので、決して悪いことではないけれど、判断の精度は上げたいところ。
 
そんな時、私は逸失利益を意識しています。
 
逸失利益は簡単に言うと、それがなければ得られたであろう利益という意味ですが、この場合、ざっくり言うと「そのお金で他に何ができたか」ということ。
 
何かへ投資するということは、同時にそれ以外の何かに投資するべき機会を失うこと(機会損失)
でもあるので、選択肢が多いときには、より吟味が必要になります。
 
「やりたいことリスト」への自己投資にもきっと優先順位は大小あるはず!
優先順位を間違えず、効果的に選択して自己投資したいですね。
 
 

3.貯金に走り過ぎずに、本当の自己投資はどんどんする。

浪費、消費の話になると、どうしても極論で節約至上主義な話が出てきやすいですが、
 
自分への投資は人生を豊かにする
とても重要なことだと思います。
 
資産運用面での投資も勿論大切ですが、
投資信託などのファイナンス分野においても、低金利時代でもなお、複利のチカラが働くと15年と20年でも大きな差が出てきます。
 
なので自己投資も若ければ若い程、複利のチカラは活きてくるはずだと思います。
 
もう若くないし、と嘆くのではなく、いくつになっても、今現在がこの先の人生で一番若いということを常に意識して積極的に自己投資して生きたいと常々思っています。
 
無駄遣いという名の自己投資ではなく、
本当の自己投資を、まだまだ、もっともっと求めていきたいです!
 
 f:id:authenticlife:20150729215553j:image
バルセロナのサクラダファミリア教会に行った時の感動は宝物。海外旅行は私にとって娯楽費ではなく立派な自己投資です。

 んちゃ