LEAN STYLE in ニューヨーク

30代、NYで働く私なりのミニマムで自由な生き方、リーンスタイル

カンタンだけど大切な、夢を叶える3つのポイント!

Sponsered Link

   2015年も折り返しですね…

  

http://www.flickr.com/photos/46959536@N04/4827013488

photo by Generationbass.com

<記事のざっくりとした内容>

・上半期の夢を振り返ってみた話

・夢を叶える目標の立て方3つ

・まとめ

 

6月も終わり、早いもので2015年もあと半分ですね。

私はここ数年、1月に「夢ノート」に夢を100個書いています。

 

まぁ「夢」といっても壮大なものではなく、

アレをやりたいとか、どこそこに行きたいとかそういう程度ですが^^;

 

で、今日中間の夢の答え合わせをするために、

ノートを開いて「あら、びっくり!」

思いのほか、叶っていないんです。

 

夢が叶っていない理由・・・

http://www.flickr.com/photos/79149498@N00/3627801870

photo by daybeezho

 

夢が叶っていない理由を考えました。以下があげられます。

  1. 半年前に立てた夢に、ときめいていない
  2. 夢が抽象的すぎる
  3. 自力では達成できない夢があった

 

これを踏まえて「夢を叶えるポイント」を

改めて整理して見ようと思います。

 

1.叶えたい夢のメンテナンスはこまめに行う!

半年前の私の夢がもう魅力的ではない、

というのはその分自分が成長したと思う反面、

気持の移りかわり早すぎでしょ…とちょっと焦る思いも。

 

では、なぜ半年で変わったのか。

私が思い当たる一番の原因は、

’シンプル・ミニマルライフの影響’が大きいと思います。

 

「〇〇を買う」とか「**へ行って△△をする」といった

夢については、そのモノへの興味が薄れたり、

本当にしたいというより、なんとなくおしゃれとか、

他人目線の自意識が透けた夢だったのかなと気付いたので

差し替えることにしました。

 

もっと早く見直して軌道修正を行うべきだったと、

こまめに振り返り見直すことの重要性に気付きました。

 

学んだこと①

人は一つの思想や発想の転換で半年もあれば十分に

価値観や考え方が変わることがあるので

夢はこまめにメンテナンスするべし。

 

2.夢を具体的に行動に起こして書く

これは字のごとくで、

例えば私の場合「幅広い世界に興味を持つ!」と書いてあり、

「何の世界なのか、何狙いなのか?」

ピントがぼやけすぎて全然ダメでした(苦笑)

 

抽象的な夢はその時の気分に流されやすく、

いかようにも解釈できてしまい結果、

あいまいな夢(叶ったらいいな程度の願望)にしかなりません。

 

何のために、何をいつまでにどのくらい、といった

行動に落とし込んで書く必要があると感じました。

 

学んだこと②

夢は具体的に描き、行動ベースで書きだす。

その目的・ゴールも意識して再現性のある夢をつくる。

  

3.小さなことでも自力で達成可能な夢をつくる

 

私の夢の幾つかは他力本願で、

自分で叶えようのないものを含んでいました。

 

自分で叶えられないものは、

もはや神頼みでしかないので叶わないのも当然です。

 

でも、自分では叶えられない夢もあるのは事実です。

 

そうしたときに、もう一歩踏み込んで

叶いやすい状態に自力で近寄る夢を設定することが

大切だと思います。

 

例えば「素敵な男性を紹介してもらう」のは無理でも、

「素敵な男性の集まるゴルフサークルに行ってみる」なら

自分でも実行可能です。

 

自分でどうすることもできない夢が沢山あると

人生をコントロール出来ていないという印象を

自分自身で抱いてしまいがちだと思うので、

ここは足りないゼロに自力で1を足していくことが

モチベーション的にも良いと思いました。

 

学んだこと③

夢の主語は私、小さくても自力で達成できる夢を

積み重ねていく。

まとめ

  • 夢はこまめに見直してメンテナンスする
  • 具体的な行動に落とし込んだ夢をつくる
  • 他人ではない自分が行動する夢にする