LEAN STYLE in ニューヨーク

ミニマリスト主婦の単身NYライフ。自由な生き方、リーンスタイル

紀里谷和明さんのミニマリズムについて

Sponsered Link

 

 

紀里谷和明さんのミニマリズムについて

 

http://www.flickr.com/photos/10399480@N04/5395690690

photo by Bikerock

 

ミニマルライフ系ブログでたまに

「紀里谷和明」さんの名前が出てくるので

気になって調べました。

 

私の予備知識ではPVや映画を撮る方、

宇多田ヒカルさんの元夫ということくらいしか

知りませんでしたが、

いくつかの動画を見て彼の考え方を知り、

理解できる点があったのでシェアしたいと思います。

 


紀里谷和明さんがミニマリストと感じた点

  • itunesに出会い全てのCD等を処分した
  • 服は3着しかもっていない
  • 所持品がスーツケース一つに収まる

 

アウトデラックスという番組で話していたのは

以前は良い服、大きい家、いい車等が欲しかったし、

服も大好きで服を作りにロンドンまで

行くくらいだったそうですが、

次第に、俺はなにをやってるんだ?

という疑問を感じて、

所有する欲から徐々に解放されることが

出来たようです。

女性に対しても「あなたは私のモノ」といった

所有という考えを持ち込まない方が好きとのこと。

 

この所有欲を捨てて、他人と比べたりせずに

「本当に自分のしたいことをする」ということは

とっても難しいことですよね。

世の中にはお金を使わせようとする様々な誘惑や

トラップがありヒエラルキーに満ちていますし、

なんせ資本主義社会ですし。

 

そういった日々に流され、

なにもかもを当たり前と疑問にも思わない

「思考停止」の危険性について、

「オトナノ!」という番組で熱く語っていました。

 

印象に残った話は

私たちが日々何も深く考えずに消費行動を起こすことが、

地球の裏側で私たちが欲しがる資源の利権争い=内戦等を

助長しているということに気付くべきだという話でした

動物の毛皮、森林伐採、原発問題、そういったことと

決して無関係ではないよと警鐘を鳴らしていたのが

自分レベルではなかった発想でよかったです。

そんな考えストイックすぎるよ、

と言ってしまえばそれまでかも知れませんが、

ミニマリスト・シンプリストの方には

多少でも響くのではないかと思います。

 

それと、所有欲というのは

満たされない自分=コンプレックスを払拭すること

から始まるということ。

コンプレックスなんて感じる必要ないじゃん、

という自己肯定感をもつことも

改めて大切だと感じました。

 

この動画は結構おもしろかったので

お勧めです^^

 

いやぁ、それにしても、

いとうせいこうさんのワカッてらっしゃるオトナノ余裕と

紀里谷和明さんのグッドルッキング&熱量

いいわぁ。。

 


#053 紀里谷和明 蜷川実花 前編【オトナの!】 - YouTube

 


#053 紀里谷和明 蜷川実花 中編【オトナの!】 - YouTube


#053 紀里谷和明 蜷川実花 後編【オトナの!】 - YouTube

 

んちゃ