LEAN STYLE in ニューヨーク

ミニマリスト主婦の単身NYライフ。自由な生き方、リーンスタイル

住民税を昨年よりミニマム化させました

Sponsered Link

http://www.flickr.com/photos/11121568@N06/4105756012

photo by Alan Cleaver

今回はタイトル通り…

今年の住民税の通知が来たのですが、
昨年よりも金額が減りました、
というただの報告ですw

理由は、よくある話ですが、
昨年、初めて確定申告をしたのです。

私は会社員なので基本的には
源泉徴収される身なのですが、
昨年は歯列矯正の一環で、
口腔外科にて入院手術を受けたので、
医療費控除の確定申告をしました。

初めてのことで正直面倒だなぁ、
と思っていたのですが、
住民税にも影響すると知り合いに教わり、
なんとかかんとか3月に手続きを実施。

私は医療保険も加入していたので、
払いすぎた税金の戻り分なんて
わずか1000円にも満たなかったので、
結構ガッカリしたのですが、
今回の住民税は年間にすると、
それよりも大きな金額でとても嬉しい報せです(^^)

詳しい手続き方法は割愛しますが、
ざっとやったことはこんな感じです↓
  1. 医療費の領収書を保管しておく(1〜12月分)
  2. 源泉徴収票を会社からもらう
  3. 3月に国税局HPから各項目を入力、入力内容はPDF保存できるので、それをPCに保存
  4. 印刷して管轄の税務署に郵送
  5. 通知が来て入金完了

面倒ではありますが、
ネットで調べれば私のような、
ただの30代OLでもプロの税務相談等を受けずに
なんとか提出出来ました。
(あくまで医療費控除の場合です。
青色申告等はそう簡単ではないと思います。)

お金のことはどうしても、
財布から出てしまったらそれっきり…
細かな制度、手続の煩雑さに
抵抗感を持ちがちですが、
今は意外と簡単に出来るので
オススメします。

じわじわ広まっている、
ふるさと納税も税金対策効果があり、
確定申告も不要になったようなので
調子に乗ってチャレンジしてみようと思います!

んちゃ。

サラリーマンの9割は税金を取り戻せる - あらゆる領収書は経費で落とせる【増税対策編】 (中公新書ラクレ)