LEAN STYLE in NY 〜リーンスタイル in NY〜

ムダのないスタイル。そして一歩を踏み出す。

LEAN STYLE

LIFE,STYLE,FASHION,CULTURE,HOME...

#02 ものを処分したり他人にあげたりすることに罪悪感を持たない

#01に引き続き、ドミニックローホーさんの

シンプル主義37カ条について

考えていきたいと思います。

 

#02 ものを処分したり他人にあげたりすることに罪悪感を持たない

うーん。

今回は仰る通りですね。

 

私の場合は、贈り物以外の

不用品の処分に関して、

「他人にあげる時」には

「もし本当に欲しいならもらってください」

という気持ちであげます。

気に入らなければ、

「全然捨ててくれてもいいよー」

とも思うのですが、

相手にとっても捨てるのにひと苦労ですから

捨てられるくらいなら

自分で捨てるべきとは思っています(笑)

 

消耗品であれば無駄なく使いきり、

手作り品などの頂き物は、その手間暇や時間を

考えると本当に嬉しいので、

しばらく飾ったりすることもありますが、

少し時間が経ち、頂いた記憶や感謝が

しっかり刻まれた頃合いで、

行き先を考えたりもします。

 

昔はもったいない主義で、

何も捨てられませんでしたが、

私なりの迷った時は、

「この世に頂きものを一つも処分せずに

暮らしている人はいないのでは?」

「今捨てずに、一生保管しておく覚悟はある?」

思うようにしてます。

 

お別れは決して悲しいだけではないと思います。

 

あの有名なこんまりさんの「ときめき本」で、

モノはもらった時にその人の「気持ち」を

頂いたわけであって、

その時点でその役目をしっかり全うしているという

考え方を知った時に、あぁそれでいいんだって

すごく心が軽くなったのを覚えています。

 

 結論:モノより気持ち。罪悪感は不要!

 

ドミニックさんのいうとおり、

処分に罪悪感は不要ですね。

 

それでも引っかかる時には写真におさめて

モノがなくても感謝の気持ちを忘れないように。

これからもモノはどんどん処分していこうと思います。

 

んちゃ