LEAN STYLE in NY 〜リーンスタイル in NY〜

ムダのないスタイル。そして一歩を踏み出す。

LEAN STYLE

LIFE,STYLE,FASHION,CULTURE,HOME...

確定拠出年金は、あなどれない

タイトル通り、確定拠出年金は侮れないという話。

 

侮れない理由

ほったらかしの確定拠出年金をちょいと見直そうと

年初に運用商品の預け替え等を行ったら

あっという間に直近1年間の年利利回りが8%を超えたからです(笑)

 

手を加えてまだ半年なので実質はもっと高利回りになっております。

勿論もっと高利回りで運用している方などゴマンとおられるはずですが、

なにせそれまでが全然だったもので…。

 

ちなみに昨年企業年金連合会が発表した

全体の運用利回りは2.03%だそうです。

 

この高利回りの原因はもちろんわたくしの手腕がどうこうではなく、

ひとえに市場の好景気だけです。

 

ただ思うのは個人の資産運用などマネーリテラシーが高まり、アベノミクスや日経平均の高騰なんかも相まって資産運用についての世の人々の知識は高まるばかり。

 

資産運用っていうと株式投資やFX、投資信託、不動産投資は思い浮かべるけれど、「確定拠出年金」ってなんだか地味なんですよね。

 

大手企業を中心に、社員の福利厚生一環として任意加入推奨といわれて、会社から「給料の一部を今受け取るか、老後に受け取るか、どっちなの!」といわれ「今もらったら使っちゃうので、じゃぁ老後にします・・・」といってなんとなーく、加入。ポートフォリオはほぼ手つかずで放置。

 

毎年、運用のお知らせが来ても、「銀行の普通預金金利よりはまぁマシかな」とスルー。という日々を送っていました。

 

確定拠出年金制度は労働者にとっては資産形成・運用能力育成の機会ですので、普段買えない金融商品に投資して、市場に興味をもつには利用しない手はないと思います。

 

とくに、日ごろ給与天引き定期預金等でコツコツと貯めていらっしゃる方には

積立商品以外の積極的な投資へのアプローチとして小額の掛け金で堅実な商品ラインナップの多い確定拠出年金はおすすめです。

 

制度概要や商品の選択方法などは、ここでは触れませんが、詳しくは山崎元さんの本が

わかりやすかったですよ。まだの方、ぜひ始めてみてはいかがですか?