LEAN STYLE in ニューヨーク

30代、NYで働く私なりのミニマムで自由な生き方、リーンスタイル

30代シンプルOL、デイリーバッグの中身in2017

バッグの中身、企画に参加します

f:id:authenticlife:20170202142947j:image

 

「魔法使いのシンプルライフ」のエリサさんの企画、「あなたのバッグの中身が見て見たい!」の記事に参加させていただきます。

 

 以前もカバンの中身は記事にしていて重なるものもありますが、2017年現在の中身を紹介します。

▶︎バッグの中身記事①ミニマルOLの通勤カバンの中身公開。小さいカバンの秘訣とは?

▶︎バッグの中身記事②ミニマリストのカバンの中身公開【お仕事用】

 

デイリーバッグはこちら

 

A4が入る、疲れたらショルダーで斜め掛けができるマイケルコースのセルマを引き続き使っています。

 

持った時のコーデはこんな感じ。

https://www.instagram.com/p/BPzn3glBHwj/

 instagramやっているので、よかったらご覧ください^^→

続きを読む

自分迷子とファッション迷子と劣等感

ファッション迷子とは

f:id:authenticlife:20170131162118j:plain

おしゃれに悩む、ファッション迷子は例えばこんな人。

 

仕事が楽しい、やりがいもある。プライベートも充実。でも、仕事での役割が変わり着る服に悩んだり、年齢と共に服選びに迷うことが増えた。無理のない範囲で自分に似合うオシャレや上質な雰囲気を出したい。

 

家事や子育てに忙しいけれど、日々の暮らしには満足している。独身時代より節約志向になり、オシャレして出かけることも少なくなったけれど、カジュアル服でも綺麗なママでいたい。

 

こうした悩みを抱えるのが、私の考えるファッション迷子です。 

続きを読む

ファッションと裸の王様と、あなたにとってベストな服

裸の王様のハナシ

f:id:authenticlife:20170127194433j:plain

裸の王様は、新しい服が大好きでオシャレだったらしい。

 

…と、いきなり唐突だけど、有名なアンデルセンの童話の話。

 

オシャレな王様が「バカには見えない布地」で作った服を喜んで注文するんだけど、王様も家来も実際にはその布が見えなくて、でもバカにされるから「見えない」なんて誰も言えなくて、パレードに出る。

 

それを見た国民もバカと思われないよう褒め称える。でも、一人の子供がそれを見て「王様は裸だ!」と叫んで、現場はざわつく。そして群衆も「裸だ!」と叫び出す中、パレードは続く…といった内容(Wikipedia参照)。

 

オトナの会話の中で、「裸の王様になっちゃダメだよねー」と比喩的に使うときには、「見えないものを見える」なんてウソは吐きたくないけど、

 

例えば自分が王様で、一番エッジが効いていた頃のレディガガみたいな前衛的なファッション(生肉ドレスとか)を手渡されて、マークジェイコブス的な人に「今はコレがCool!」と言われたら、信じてしまいそうだなと思ってしまった。

続きを読む

【年代別】私がステキだと思い、お手本にしたいスタイルアイコンたち!

  • 私のスタイルアイコン
  • 30代:アギネスディーン(33歳)
  • 40代:ソフィアコッポラ(45歳)
  • 50代:該当なし
  • 60代:シンディーローパー(63歳)
    • 次点:リン・スレーター(62歳)
  • 70代:ヒラリー・クリントン(2017年70歳)
  • 80代:黒柳徹子さん(83歳)
  • まとめ

私のスタイルアイコン

私には歳を重ねる上で、お手本にしたいスタイルアイコンの方が年代別に何名かいます。

 

ロールモデルとは少し違うのですが、個性や才能、インテリジェンスを兼ね備え、ファッションや生き様に刺激を受け、お手本にしたいと思える女性たちは、大げさかもしれませんが、年齢を重ね、生きることを楽しむ希望を与えてくれます。

 

ということで、早速紹介します。

続きを読む

買い物グセをなくす方法は「自分に自信を持つこと」

 映画のワンフレーズにハッとする

先日、NETFLIXで「マダム・イン・ニューヨーク」という映画を観ました。

映画『マダム・イン・ニューヨーク』公式サイト

 

印象に残ったのが、主人公のマダム(といっても30代だと思うけど)の言葉。

 「人は自分のことが嫌いになると、自分の周りもイヤになって新しさを求める。でも、自分を愛することを知れば、古い生活も新鮮に見えてくる。」

 

これは本当にその通りだなと、強く頷いてしまった。

 

そして、この言葉を聞いて一番に思い出したのは「買い物グセ」のあった時のことでした。

続きを読む

1/12当ブログが北海道新聞に掲載されました。取材を通して私なりのミニマルライフに想うこと

  • 北海道新聞に掲載されました
  • 現在の洋服は約60着
  • ミニマルライフで価値観のベクトルが変わった
  • 価値観を多用に、自分らしく

北海道新聞に掲載されました

1/12(水)北海道新聞のミニマリスト特集で、札幌在住のミニマリストブロガー本多メグ (id:megumakou2014)さんとともに、私のブログとインタビューが掲載されました。

 

 f:id:authenticlife:20170113180841j:image

続きを読む

昨日と違う自分になれる「日記」の効用

  • 日記を書き始めて1ヶ月
  • 日記を続けるにあたって
  • 人生の残り日数を意識する
  • メリット1:昨日と違う自分であれ
  • メリット2:良いこと探し
  • 日記に記録していること

日記を書き始めて1ヶ月

f:id:authenticlife:20170110193325j:plain

3日坊主の代名詞ともいえる日記。

 

小さい頃は夏・冬休みの1行日記さえ最終週にまとめて書いていた私が、珍しく1ヶ月ほど続けています。

 

今日は、日記のメリットや書き記していることを紹介してみます。

続きを読む