LEAN STYLE in ニューヨーク

ミニマリストのNYライフ。自由な生き方、リーンスタイル

【告知】骨格スタイルWEBおみくじとスタイル提案BOOKのお知らせ

無料ファッションWEBおみくじができました

f:id:authenticlife:20180117125343j:plain

こんにちは、マギー@SimpleMGYです。

 

2018年、皆様お変わりなく過ごされてますか?

 

新年をフレッシュな気持ちで迎えたはずが、

なんとなく代わり映えしない毎日を過ごしている・・・

 

本当は何か変わらなきゃと思っている・・・

 

オシャレとか、女子力とか、勉強とか、仕事とか。

 

うぅぅ、刺激が欲しい!

 

という方へ

 

気分転換に、ファッションおみくじしてみませんか?

 

アーティストでブログ仲間うみのうみ (id:goldenmilk)さんと私がコラボした

「骨格スタイル診断WEBおみくじ」を現在WEBで無料公開中です。 

早速「骨格スタイル診断WEBおみくじ」を試してみる⇨コチラ

 

続きを読む

2017年に買ってよかったモノ8選!

2017年に買ってよかったモノ

f:id:authenticlife:20171230125759j:plain

 

今年1年を振り返るとき、

どんなモノにお金を使ったかを思い出すと、

意外なヒントがあったりしませんか?

 

欲しいモノを買っても数ヶ月経つと、

なんだかもう「それを持ってる自分」は

当たり前になっちゃうんだけれど、

 

実はコレのおかげで毎日が時短になってるとか、

 

アレ買ってから身体の調子が良くなってるかもとか気付くことがあります。

 

というわけで、2017年に買ってよかったものを

本、ファッション、ビューティーなどジャンル垣根なく8個ピックアップしてみました。

 

引き寄せスケジュールブック

手帳は使いこなせない」と豪語してましたが、
ブログで知り合ったKeiko (id:beinginthepink)さんが使っているのをみて、
 
「コレ良さそう!」とピンときて、
 
2017年はこちらの手帳を使いました。
中身は、「願いことリスト」や「今日のいいこと」を記入するワークタイプ。
 
これが毎日を棚卸しするノートとして大活躍!
この1年で山ほどハッピーを引き寄せられた気がします。
 
最近読んだ、はぁちゅうさんの自分への取材が人生を変える (スマート新書)
にも、日々の自分への取材は大切さと書かれていましたが、
 
そうした機会は、自分らしく生きるために欠かせないと強く実感します。
 
2018年も、どうしてもこのスケジュールブックを使いたくて、
ニューヨークの紀伊国屋から取り寄せました(日本の定価の約2倍でしたが笑)
 
f:id:authenticlife:20171230132303j:image
 
 
 

「夢の叶え方を知っていますか?」

この本は、私にとって今年一番読んでよかった本

 
「夢の価値」「夢を実現させるためには」「周囲を気にしない夢」などの章があり、
 
私の夢ってなんだろ?夢ってあった方が良い?
どうやったらステキな人たちみたいに夢を叶えられるんだろう?
 
 
…と、お悩みの方にはゼヒ読んでみてほしいです。
 
 
今は特に夢がない人でも、
読者から集めた夢(海外に住みたい、片付いた家に住みたいetc)に対して、
 
著者がロジカルかつ冷静にぶった斬る章などは読み応えがあります。
 
ただし、実直でドライなアドバイスが説得力に溢れている多い反面、
「ラクして可愛く自然に夢を叶えたい♡」というタイプの方には、オススメしません笑。
 夢の本質とは、自分を楽しませることだ。自分を縛りつけるために夢を目指すのではない。いつもこれを思い出そう。

 

カールラガーフェルドの靴

以前、記事にしたカールラガーフェルドのフラットシューズは、

今年買ったアイテムの中でもひときわお気に入りのアイテム。 

www.lean-style.com

やっぱり、足元から始まるオシャレが好き。

 

部屋着のkimonoローブ 

f:id:authenticlife:20170905021428j:plain

部屋着って、ついつい着心地や扱いやすさを重視しがちですが、

 

女性らしい部屋着って、おひとり様時間を2割増にしてくれます(自分比)

 

ニューヨークの片隅。

小さな部屋の中。

ローブ1枚でベッドの上でMacみながらコーヒーを飲む。

 

それだけで脳内はSEX AND THE CITYのキャリーモードになれる。

 

これって別に、あなたがNYに住んでなくたって、

マノロブラニクのハイヒールを持ってなくたって、

恋人がいなくたって全然構わないわけで。

 

女子にとって、

 

「いかに上手く、自分を妄想の世界に引き込めるか」

 

って大事。

 

 

振動型アラームクロック 

 今年Amazon.co.jpで買って良かったモノの一つ。

これを買ってから、夜更かししても、飲み歩いても

 

「明日起きれるかなぁ…」と心配になることが格段に減りました。

【旅行にも】朝が苦手なわたしが惚れた!人にやさしい音の鳴らない目覚し時計ソニックシェーカー

 

 2WAYで使えるUSBケーブル

こちらもデイリーに活躍中。

基本、実用的で2wayなアイテムが好き。

www.lean-style.com

Era Organics Completeクリーム

f:id:authenticlife:20171227134641j:image

このフェイスクリームはここ数年で一番のヒットアイテム。

 

質感、効果、お値段、全てが素晴らしい。リピ確定。

 

アメリカAmazonではレビューが2500件もあるのに、

日本のAmazonでは取り扱いがないのが残念です。

 

AvalonビタミンCクレンジングジェル 

f:id:authenticlife:20170806113400j:plain

 

過去記事でも紹介しましたが、

www.lean-style.com

 

iherbでリピート買いしているお気に入りのクレンジングジェル。

さっぱりしたオレンジの香りと程よい洗浄力で気に入っています。

 

初めて購入する方は私の紹介コードPNK788を入力いただくと割引が受けられますよ。 

iherb.co

【過去記事】  

オーガニック海外通販iHerb<アイハーブ>お得なオススメ雑貨・サプリ・日用品

プライスレスなもの

こうしてみると、プチプラなアイテムばかり。

ミニマリストはお金を使わない・・・

と言われそうですが、

 

私に限ってそのようなことはありません(笑)

 

今年一番お金を使ったのはダントツでNYに来るための費用。

 

ビザ取得のため東京の米国大使館に行く飛行機やホテル代や、

NYへの渡航・現地での新生活の準備など、

自分にとって本当に必要なことを選んだ、

モノより経験、という結果になりました。

 

ミニマムな暮らしが定着していたことで、

引越しの費用や荷物の移動もストレスなくでき、

 

毎日をニューヨークでたのしく精一杯生きることで、

本では得られなかった多くの経験、

教わるのではなく自ら学ぶ知識、

そして死ぬまで記憶に残りそうなたくさんの思い出。

 

そうした多くのものを得ることができています。

 

まさにプライスレス。

 

来年も、ステキなモノと素晴らしい思い出を積み上げていきたいです。

 

アラサー女子がニューヨークに来て、半年間でやったことリスト40

ニューヨーク、半年間でやったことまとめ

f:id:authenticlife:20171220144740j:plain

みなさん、こんにちは。マギー@SimpleMGYです。

 

早いもので、仕事を辞め、ニューヨークへきて早くも半年以上が経ちました。

 

この6ヶ月間で私がやったことをまとめてみようと思います(順不同)

続きを読む

ティファニーNY/ザ・ブルーボックスカフェと「体験」の時代

 Tiffany NY, The Blue Box Cafe

f:id:authenticlife:20171122114136j:plain

引用元:Tiffany&Co

2017年11月、NY五番街のティファニー本店に初めてのカフェ、その名も"The Blue Box Cafe"がオープンした。NYで、今かなり話題になっている。

 

『ティファニーカフェ、人気の秘密』

 1.めちゃめちゃインスタ映えする

お笑い芸人ピースの綾部さんもレセプションパーティーに参加された写真をインスタグラムに投稿して話題に。壁一面ティファニーブルーの店内は、今世界中で一番インスタ映えする場所といっても良いほど。

 

2.オードリーヘップバーンの気分を味わえる

名作映画「ティファニーで朝食を」の冒頭の舞台にもなったティファニー本店で、リアルに朝食を体験できることが大きな人気の一つ。

 

映画の中ではオードリーヘプバーン扮するホリーは、ティファニーに憧れ、ウィンドウを眺めながらクロワッサンをかじるだけですが、映画ロケ地としても最高に魅力的な場所です。

 

3.食器やカトラリーが可愛い

近年、ティファニーではお皿やカトラリー、自転車までラグジュアリーなアクセサリーに限らないオリジナルアイテムを多く展開しています。美しいブルーのお皿を使って食事を楽しむのは女子心をくすぐりますよね。 

 

ティファニーは女性へのギフトとしても喜ばれる品がたくさんあるので、結婚祝いなどを探すときにも便利です(私もシャンパングラスを頂いたことがありますが、ブルーボックスは何歳になっても嬉しいものです)

f:id:authenticlife:20171122121844j:plain

ティファニー本店カフェの場所と盛況ぶり

The Blue Box Cafeの場所と営業時間

ティファニー本店の4階にあるBlue Box CafeはNYマンハッタンの中心部、ミッドタウンにあります。

隣にはトランプ大統領のビル「トランプタワー」もある観光地として有名なエリアです。

◉営業時間

月曜ー土曜日
Opening at 10:00 AM with the last seating at 5:30
日曜日
Opening at 12:00 PM with the last seating at 4:30

 

 

2017年11月現在の混雑状況

オープン当初は予約ができず、早朝6時からお店の前に並ぶ人も出るほど。現在は各種情報サイトによると平均2時間待ちとの話も。

 

あまりの盛況に現在はWeb予約が可能となりましたが、予約を取るのは激戦の様子。

Tiffany&Co Official予約サイト(英語)

http://www.tiffany.com/Locations/EventDetail.aspx?eventid=1063#

 

◉メニュー

朝食$29,ランチ$39,アフタヌーンティー$49 etc

クロワッサンやスモークサーモンのベーグル、アボガドトーストなどのアメリカンブレックファーストが楽しめる。

 

余談ですが、開店当日にお店の前で待つ方々には、ティファニーの青い紙コップに入った温かい飲み物が提供されていたようです。

ブランド品を「持つ」ことから「体験」の時代へ

f:id:authenticlife:20171122122909j:plain

「ティファニーで朝食を」から50年以上の時を経て、今なぜ改めて老舗ブランドがカフェをオープンするのかということに疑問の声がいくつか上がっています。

 

日本のwebサイトには、「トランプタワーの限界な警備により隣に位置するティファニー本店の売り上げが落ちていることを危惧して」といった記事もあったのですが、

 

アメリカ国内のサイトによると、ミレニアム世代へのアプローチとの声が多く見受けられました。

Tiffany’s overall sales have slowed in recent years in part because Millennials are said to be seeking out experiences rather than “stuff.”

ー近年、世界のティファニーの売り上げは緩やかに減少しており、その理由には(ターゲット層である)ミレニアル世代(※1980年代〜2000年代初頭生まれの人々)が「モノ」より体験を求めていることが挙げられる(意訳:マギー)

引用:Will breakfast at Tiffany’s attract Millennials in search of ‘Instagrammable’ experiences? – RetailWire

 

3万円のティファニーのネックレスを買う女性を一人探すよりも、3000円でリッチなブランチを楽しみたい女性を10人集める方がイージーな時代。

 

「体験」によりブランドへの親近感を生み出し、インスタをはじめとするSNSで拡散され、購買層の拡大に繋げるという方針は、とてもイマっぽい。

 

創業180年のティファニーの歴史が、私たちのモノ離れした消費行動を柔軟に読み取り、あたらしい業態を展開していく。

 

「モノより思い出」

 

ニューヨークにまた一つ、世界中の女性を魅了する場所が生まれた。

 

シンプルな暮らしを経て。モノがふえる喜びと成長

 モノがふえる喜び

シンプルな暮らしを志すために始めたこのブログで、

モノが増える喜びについて書くのは初めてのことだけれど、

 

ミニマリズムからエッセンシャリズムへ

大切にしたい価値観が緩やかにシフトし、

モノへの感情も徐々に変化している。

続きを読む

お皿3枚。少ないお皿でカンタンに料理&やりくりするコツ教えます【ポットラック・自炊】

現在のキッチン事情

ニューヨーク市内でくらす私の、日々の食事は自炊がメイン。

 

といっても、そんなに凝った料理ではなく、

できるだけ「手抜きで、美味しく、センス良く」

を理想としています。

 

キッチンツールや手間は最小限、見栄えと味は最大限にするための

私のちょっとしたコツを書いてみますね。

 

続きを読む